F1上海GPの観戦 | 市内から地下鉄でのアクセスと観戦記

F1上海GPの観戦
スポンサードリンク




こんにちは、abiです。

今回は、上海で観戦したF1レースについて紹介します。

日本でも開催されているF1ですが、上海ならば観光のついでに観戦でき、しかも地下鉄で街中から用意にアクセスでき、気軽に楽しめます!

では、会場の雰囲気や地下鉄でのアクセス方法などについて、紹介します!

スポンサードリンク




F1上海GPのチケット

F1上海グランプリのチケット

紙のチケットで、コンサート等と同じく横長のものです。

中国では友人に依頼して事前に購入してもらいました。

今回はF1グランプリとして1000レース目のようです。

F1上海グランプリのチケット

いくつかのチケットタイプがありますが、比較的安価なものを選びました。

 

チケットの価格は480元=8,000円弱ですね。

土日の2日間のチケットです。

 

エリアはメインスタンド横、最終コーナーからホームストレートの入り口あたりにかけて設置されている、芝生の席です。

地下鉄でのアクセス方法

上海の地下鉄車内

F1会場には上海地下鉄の11号線で、アクセスできます。

上海サーキット駅という場所を目指して、11号線に乗る必要があります。

11号線の路線図

上の画像の左側が街中で、街中から郊外に向けて地下鉄に乗って来る、というイメージです。

注意点としては、嘉定新城という駅で分岐しているので、乗る車両の行き先に注意が必要です。

11号線の路線図

街中から11号線に乗るには、上記のような駅から可能です。

11号線自体に乗ることはあまり多くないとしても、これらの駅にアクセスするのは、比較的人気の1号線、2号線や、日本人が多く住む虹橋、古北地区にアクセスが良い3号線、4号線、10号線などもあるので、特段不便ではなさそうです。

ただ、上海サーキット駅は結構遠いので、約1時間位は地下鉄に乗ることになります。

分岐をうまく乗り継ぐコツ

乗り換えした駅

先程、嘉定新城というところで分岐があると言いましたが、行き先が違う車両だった場合、一旦下車してから、再度行き先を確認して乗車する必要があります。

その場合、嘉定新城ではなく、1つ手前の馬陸という上記写真の駅で降りて、乗り換えをするとスムーズに乗れます。

ちなみに嘉定新城では乗り切れず、車両を見送る人もいました。

また、嘉定新城からは車内が大混雑となり、満員電車でした。

1つ手前の上記駅で降りて乗り換えると、車両の奥まで進めるので、下記写真のような満員電車でも比較的快適に移動できます。

行き先がわからなくなった、合っているか自信がないときのヒント

混雑する上海地下鉄車内

豆知識ですが、行き先が合っているかわからない、道があっているかわからないとなった場合に「フェラーリの赤い帽子や赤いTシャツ」などを目印にすると、F1会場にたどり着ける可能性が高いです。

中国の人はフェラーリ好きが非常に多いので、彼らを目印にするということです。

上海サーキット駅

F1会場の最寄り駅

そんなこんなで、会場の最寄り駅に到着しました。

11号線F1会場の最寄り駅を出たところ

この駅はF1サーキット用の駅です。

周りには他になにもないので、周りの動きを見ながら、ゲートへと進んでいきます。

チケットを持ってゲートに向かう

F1上海サーキット

駅の改札を出て、徒歩で進んで会場の入口へと進んでいきます。

よくわからないので、赤い帽子の人を目印にして進んでいきます。

F1上海サーキット

案内板を見ながら、Lという席種別に近いゲートを探して、そこに向かいます。

F1上海サーキット

ゲートの前は大行列でした・・・。

連休中の空港のカウンターを思わせる行列です。

F1上海サーキット

30分程度かかって、やっと行列の先頭あたりに来ました。

このあと、手荷物検査とチケットのモギリを経て、やっと会場に入れます。

F1上海GPの会場

会場内の様子

会場に入ると、ドライバのフラッグがあります。

だんだんテンションが上ってきます。

F1上海グランプリのフラッグ

レッドブルのドライバーのフラッグもありました。

フェルスタッペンとガスリー!!

ホームストレートあたり

ホームストレートの方を向くと、大きなハイネケンのロゴがあります。

その手前の方に広がっている芝生が、購入したチケットのエリアのようです。

芝生席の様子と、席から見るコース

芝生席

意外とスペースは広かったです。

手前側にタイヤバリアがあり、その奥がコースになっています。

芝生席

コースに背を向けるように、後ろを振り返るとこの様になっていました。

芝生席

トイレも割とすぐそこにありました。

トイレは、開始直前は少し並んでしましたが、それ以外はそこまで並んでいる感じはありませんでした。

芝生席

開始時間が近づいてくると、このように人も増えてきます。

みんな思い思いに時間を過ごし、中にはどこで買ったのかケンタッキーを食べている人たちもいました。

席から見るコース

前の方に行くとこんな感じで、結構コースが良く見えます。

席から見るコース

地べたで座るのは微妙、ということで、キャンプ用の小さい椅子や、レジャーシートがあると便利です。

席から見るコース

ドライバーたちが乗った車が通ると、歓声が上がっていました。

ちなみに、F1上海グランプリが開催される時期の4月中旬は、まだ風が強いと肌寒いです。

少し厚手のジャンバーがあればちょうどいいくらいの感じでした。(陽もあまり出ていなかったので)

薄手のジャンバーを持っていったのですが、少し寒かったです。

会場で調達したビールとソーセージ

会場で調達したビールとソーセージです。

ビールはいいのですが、ソーセージが微妙な味でした。

レースの様子

フェラーリのマシン

ズームで撮ってみました、フェラーリです。

タイヤの焼けるゴムのような匂いがしてくるほど、臨場感たっぷりに楽しめます!

メルセデスのマシン

先頭はメルセデスです。

しかし!

会場に人が多いせいか、スマホからネットが全然つながらず、詳しい順位や状況がよくわかりません!

人々は通過していくマシンを写真に収めるのに夢中です。

しかし、3周くらいしたら皆さん飽きたのか、写真を取る人が殆どおらず、みんな静かに観戦するか、何かを飲んだり食べたりするか、という感じで過ごしていました。

そして、いつの間にやら、レースがフィニッシュを迎えました。

(ネットがつながらず、よくわからないまま終わった、、、)

まとめ

上海のF1サーキットは地下鉄11号線で

街中からも乗り換えで11号線には容易にアクセス可能

11号線には途中で分岐があるので、行き先に注意

会場は広いので、歩きやすい靴で

芝生席ならアウトドア用の椅子か、レジャーシートを

スマホのネットは繋がりづらい(または繋がらない)

海外旅行に行く予定の方、現地で使用するWi-fiのレンタル予約はお済みですか? こちらの記事では、海外で簡単に使えて、返却も空港のポストに入れるだけのイモトのWi-Fiを紹介しています。

イモトのWi-Fiをレンタルして、海外旅行中も快適なインターネット環境 | 空港で借りて返す、設定は簡単、携帯電話のローミングより安い

2019年1月17日

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
もし、今回の記事を気に入っていただければ、下の方にあるTwitterのフォローをお願いいたします。
記事にする前の最新情報や、ビジネスに役立つ情報なども呟いています。

The following two tabs change content below.

abi

香港駐在外資系企業超ビジネスマン。 高校中退→フリーター→専門学校、大学卒業→大企業を転々とし、外資系企業に就職→飛行機で世界を飛び回り、マイル貯めまくり。 資格取得は17個、中小企業診断士、AFP等。 旅行と読書でインプット。 MBA筑波大学大学院(GSSM)中退。
スポンサードリンク