海外対応TVチューナーで、日本のテレビを観る、録画する、再生する | xit airbox(XIT-AIR100W)のレビュー

スポンサードリンク




こんにちは、abiです。

海外旅行や海外出張、海外駐在など日本にいないときに、日本のテレビを見たいということはありませんか?

今回は、日本で販売されているピクセラ製のTVチューナーXIT AIRBOX(XIT-AIR100W)を購入して、国内でセットアップして一通り利用、その後に海外からアクセスして日本のテレビがどの程度観ることをできるのかを試しました。

ネットを一通り探したのですが、実際に海外に持ち出してのレビューを行っている記事がなかったので、自分で購入して、書いてみました。

これで海外でも日本のテレビを観ることができる・・・かな?

スポンサードリンク




XIT AIRBOX(XIT-AIR100W)について

家電量販店や各種通販サイトなどでも販売されています。

購入したときは14,000円弱でした。

なお、壁のTV端子からつなぐアンテナケーブルは別売りですので、お忘れなく購入を。

ケーブルは1mで1,300円くらいでした。・・・って、アマゾンで500円位で売ってるし!

セットアップ方法について

気を取り直してセットアップをしました。

拍子抜けするほど簡単でした。

まずは、本体にアンテナケーブルを接続して、壁にある端子と接続。

次に同梱のLANケーブルで本体とルーターのLANポートを接続。

さらに同梱の電源ケーブルを本体に接続して、コンセントに繋いで、電源オン。

受ける方の端末はAndroidのケータイ、タブレット、MacのノートPC、iPhoneとありましたが、Xitのアプリをダウンロードして、先程本体をつないだルーターに同じネットワークで入るだけで、アプリを立ち上げると勝手に本体を見つけてくれて、ペアリングが終わります。

あとは、すぐに視聴を開始できます

結構構えながら設定に挑んだのですが、あっさりと終わりました。

録画機能について

本体のUSB端子に、USBハードディスクを接続すると、録画用のHDDとして認識します。

録画に使う前に、必ずフォーマットがかかるようですので、データが入っている場合は、予め取り出しておくか、消えても良ければそのままフォーマットしましょう。

手元にあった120GBのバスパワーHDDとしてで試したところ14時間強の録画可能時間と表示されました。

1TBあれば120時間位行けそうですね。(単純計算)

これもまた、非常に簡単でびっくり。

調べたところHDDの価格はだいぶ下がっており、3TBで10,000円弱でした。

これだけあれば相当録画できそうですね。

ちなみに、録画したものはダビングや書き出しなどはできませんので、あくまでも各種端末からアクセスして観るだけ、ということになります。

同一ネットワーク内接続の視聴のレビュー

まずは、外に出る前に家の中でどのようにできるかを試してみました。

端末はAndroidのケータイ、タブレット及びMacノートです。

TV視聴について

画質を高速回線画質、高画質、標準画質、低画質から選択できますが、どれを選んでも問題なく、コマ落ちや遅れなどなく視聴できました。

ただ、低画質を選んでもあまり画質の違いがわかりませんでした。

こんなに簡単にテレビ設定ができるなんて・・・素晴らしい。

家の中で完全にロケーションフリーで楽しめます。

診られるチャンネルですが、地デジだけかと思っていたのですが、BSやCSの番組も全てではありませんが表示されます。

(視聴料とかどうなるんだろう?単にお試し期間なのかな?)

録画視聴について

試しに1番組録画して試してみました。

録画予約は、番組表画面から録画を選択するだけです。

再生するときは、録画一覧から選んで再生をします。

こちらも、画質バッチリ、コマ落ちや遅れがなく、感動的なものでした。

このテスト結果を受けて、本格的に録画運用をするため、先に紹介した下記のHDDを用意することを決意しました。

LAN経由の試聴レビュー(Docomo4G回線)

同一ネットワーク内では問題なく視聴できましたので、別のネットワークからアクセスした時のテストを行いました。

携帯電話端末(Android)

何故かチューナーに繋がりません。

何度試しても、この画面が出ます。

うーん。

タブレット端末(Android)

先のケータイにテザリング機能を利用して、接続。

普通に繋がります。

速度も出ているので、特に止まったりなどはせず、視聴できます。

画質を高画質にしても止まらずに見れます。

ノートPC(MacBook Air)

同じく、先のケータイにテザリングで利用。

こちらも問題なく繋がります。

画質を高画質にしても、やはり止まらずに観ることができます。

海外からの視聴(香港携帯電話回線・3HKの4G回線)

本題の海外からの視聴について、実際に試しました。

香港から試しましたが、まずは現地の携帯電話回線を利用して接続しました。

携帯電話端末(Android)

日本からと同じで、何故かチューナーに繋がりません

何度試しても、この画面が出ます。

うーん。タブレットやPCは大丈夫なのに・・・。

タブレット端末(Android)

先のケータイにテザリング機能を利用して、接続。

普通に繋がります。

速度も出ているので、特に止まったりなどはせず、視聴できます。

ただ、画質を高画質にすると、カクついたり、少し止まったりします。

標準画質ではほぼ、止まらずに視聴ができました。

低画質では止まらずに視聴ができますが、やや画像の粗さが気になります。

ノートPC(MacBook Air)

同じく、先のケータイにテザリングで利用。

こちらもタブレットと同じく、問題なく繋がります。

画質等に関しては、タブレットと同じ印象です。

強いて言えば、タブレットよりも接続完了までに、少しだけ時間が短かった気がします。

(10秒とか、それくらいの違いですが)

海外からの視聴(香港ブロードバンド回線・Wi-fi環境)

続いて、海外の滞在先にあるWi-fi環境から試しました。

回線速度をテストしたときは、6~7Mbps程度の速度は出ていたようです。

携帯電話端末(Android)

先程のケータイ回線を利用したとき、日本でもケータイ回線のときはつながらなかったAndroidのモバイル端末ですが、今回は繋がりました!

なぜ・・・。

画面はタブレットやノートPCなどに比べると小さいので、低画質でも特に気にならず視聴ができます。

タブレット端末(Android)

こちらも普通に繋がります。

つながった後の印象としては、先に記載したケータイ回線とほぼ差がありません。

速度も出ているので、特に止まったりなどはせず、視聴できます。

ただ、画質を高画質にすると、カクついたり、少し止まったりします。

標準画質ではほぼ、止まらずに視聴ができました。

低画質では止まらずに視聴ができますが、やや画像の粗さが気になります。

ノートPC(MacBook Air)

同じく、先のケータイにテザリングで利用。

こちらもタブレットと同じく、問題なく繋がります。

画質等に関しては、タブレットと同じ印象です。

気づいた欠点

実際に使用してみて気づいた、いくつかの欠点について記載します。

同時に複数台は接続できない

端末を何台かチューナーに接続するはできず、例えばケータイで視聴しているときにタブレットで見ようとすると「他の端末で使用中です」的なメッセージが表示されて、開くことはできません

端末自体は外部からのリモート接続可能として合計6台までを登録できますが、同時使用はできません

私の場合は、自分ひとりでの使用しか考えていないので、特に気にならないですが。

録画した番組のダビング(外部書き出し)はできない

残念ながら、自分で観るだけになります。

これも私の場合は、考えていない機能だったので、まぁいいかという感じです。

外出先からのリモート視聴は90日間

海外や出張などで出っぱなしの場合は、最大90日間は視聴ができます。

それを超える場合は、一度は自宅で視聴する必要があり、自宅で視聴すればまたそこから90日間の期限になります。

一度設定すればずっと観ることができる、というものではないようです。

(海外駐在の人以外は、あまり関係ない項目ですかね)

Androidのモバイル端末でつながらないケースが有る

何故か、ケータイ回線を利用するとAndroidのモバイル端末では繋がりませんでした

日本でも海外でもそうでしたので、ケータイ回線の問題というよりは、なにか別の問題の気がします。

海外対応テレビチューナー xit airboxのまとめ

セットアップはとても簡単

ソフトはインストールのみで、こちらも簡単

初期設定は同一ネットワークでソフト立ち上げのみ

タブレットやノートPCからでも視聴可能

モバイル端末ではケータイ回線ではつながらなかった

海外でも確かに使えた

標準画質で観るなら、海外でも止まらず快適だった

海外でも実用に耐えるTVチューナーです!

海外旅行に行く予定の方、現地で使用するWi-fiのレンタル予約はお済みですか? こちらの記事では、海外で簡単に使えて、返却も空港のポストに入れるだけのイモトのWi-Fiを紹介しています。

イモトのWi-Fiをレンタルして、海外旅行中も快適なインターネット環境 | 空港で借りて返す、設定は簡単、携帯電話のローミングより安い

2019年1月17日

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
もし、今回の記事を気に入っていただければ、下の方にあるTwitterのフォローをお願いいたします。
記事にする前の最新情報や、ビジネスに役立つ情報なども呟いています。

The following two tabs change content below.

abi

香港駐在外資系企業超ビジネスマン。 高校中退→フリーター→専門学校、大学卒業→大企業を転々とし、外資系企業に就職→飛行機で世界を飛び回り、マイル貯めまくり。 資格取得は17個、中小企業診断士、AFP等。 旅行と読書でインプット。 MBA筑波大学大学院(GSSM)中退。
スポンサードリンク