キャセイで行くフィリピンの旅|マニラのマカティ観光、アイムホテル(I’m Hotel)宿泊など|現地Jollibee安旨でした

スポンサードリンク




思い立ってフィリピンのマニラに行ってきました。

特段の目的はなかったので、CX搭乗とラウンジ利用、マカティという街中を見て歩くこと、あとはゆっくりすることくらいでした。

時系列で紹介してきます。

スポンサードリンク




香港国際空港へ到着

今回はCX便を利用してマニラまで向かいます。

まずはおなじみの香港のキャセイパシフィック航空のファーストクラスラウンジを訪れます。

毎度同じような内容になるので、このラウンジについては以下を御覧ください。

香港国際空港のキャセイパシフィック航空ファーストクラスラウンジ The Wingを完全解説

2018年11月10日

搭乗便

同じく、別記事にまとめましたので、こちらをご覧ください。

行きはA350の機材でした。

しかも、自身初のゲートピンポンでPY(プレミアムエコノミークラス)にインボラ!

キャセイパシフィック航空CX903便、CX934便の搭乗記、マニラの旅|A350のプレエコ初体験、近距離便の機内食なども紹介

2018年8月27日

マニラのニノイ・アキノ国際空港到着

現地の知人が用意してくれた、彼のお付きの運転手さんが迎えに来てくれました。

金曜日の夜でしたが、空港から街に向かう道は結構混んでおりました。

グーグルマップを見ながら車に乗っていたのですが、渋滞時間の予測もほぼ完璧でした。

さすがグーグルマップ・・・。

概ね40分位でマカティ地区に着きました。

宿泊先のI’m Hotel(アイムホテル)

変な名前のホテルだなーと思いながら、口コミと値段を見て予約しました。

1万円をちょっと超えるくらいで、安くはなかったですが、あまり変なところ泊まるのも怖いので。

部屋はとても広かったです。一人ではもったいないくらい。

バスルームもきれいでした。

鏡もピカピカ

洗面台も使いやすそう、アメニティもとりあえず一通りある

シャワースペースもしっかり。

ベッドが大きいのがいいですよねー。

ぐっすりと眠り込んで、寝返りを打っても落ちる心配がなさそうです。

ソファーも大きめでくつろぎやすそう。

ちなみに、来る前に香港で重慶大厦(チョンキンマンション)に行き、フィリピンペソを両替してきました。

外国からの持ち込みは10,000ペソまでと書いてありましたので、しっかりと規定通りに。

(香港で両替する時に、え?それだけ?的な顔をされた気がするのは気のせい?)

あると嬉しいBluetooth付きのスピーカー

フィリピンとスペイン料理

フィリピンはスペインの植民地だったことから、スペイン料理店も多いとのことでした。

今回はこちらの店に案内してもらいました。

普段香港で目にしている物価を考えれば、信じられないくらい安いです。

ビールはやはり、サンミゲル

スペイン料理の定番をいただきました

エビのアヒージョ。

生ハムー!

昔はうなぎの稚魚で作っていた料理。

今はうなぎが貴重なので、かまぼこに・・・。

おなじみのパエリアでございます。

こういう料理は日本米よりも細長いコメのほうが合いますね。

I’m Hotelのバー

もう一杯くらい飲もうかな、という気になったので、ホテルの最上階のバーへ。

なにやら怪しげなクラゲの水槽を見ながら、モヒートを飲み、就寝。

 

フィリピンの有名料理を食す

現地のきれいなショッピングモールのようなところに入っている、おしゃれフィリピン料理店に連れて行ってもらいました。

私がおねだりしましたが、やはり現地に行き、現地のものを食べる、現地の文化に触れるというのは刺激的なので、ぜひとお願いしました。

以下、食べた有名なフィリピン料理です。

・シシグ

豚の頬肉を細く切り、玉ねぎやにんにくとともに炒めたもの。

めっちゃご飯に合うな、って感じです。

・アドボ

豚や鳥を醤油、酢、にんにくで甘辛く炒め煮る料理。

フィリピンでは非常にポピュラーな料理。

めっちゃご飯に合う

・シニガン

トロピカルフルーツのタマリンドの酸味がある、フィリピンを代表するスープ料理。

魚介、肉、野菜を入れる。

(満腹で食べ忘れたので、味がわからないのが心残り・・・)

・ピナクベット

ナスやかぼちゃ、オクラなど野菜をたっぷりと、豚肉を炒めた料理。

味付けはエビの塩辛を使う。

とてもよくご飯に合う

・パンシット

魚介や肉、野菜をたくさん入れたフィリピンの焼きそば。

おかず系3つはご飯に合うって、ご飯に合うおかずで飯を掻っ込むとんねるずの木梨憲武さん状態ですが、理由を考えてました。

美味しいんですけど、味付けが濃いですね。

知人の推察では、貧しい国だから少ないおかずで米をたくさん食べてお腹をふくらませるんじゃない?ということでした。

(あくまで個人の意見)

うーん、なるほど。

これは米が進みますね。

ちなみにお米は中心部の適当なスーパーで見た感じだと、10キロ買っても500円するかどうかでした。

例によって細長い米ですけど、外国で食べると美味しいですよね、あの米。

Jollibee(ジョリビー)を体験

香港にもありますし、他国への展開もしているJollibee

やっぱり本場で食べないわけには行かないです。

頼んだのはチキンとスパゲティとバーガーとコーラ、セット商品に少し単品を追加した感じです。

値段は・・・174ペソ。400円弱?

並べるとなかなかのボリューム。

 

カウンターはこんな感じ。

ファーストフード店という感じ。

安いだけでなく、味も香港で食べたのより、美味しいです。

でも、香港で食べたのも雰囲気は9割位同じだったんで、香港にいるフィリピンの人達は、これを食べて故郷を思い出すんだろうなーとか思ったり。

マニラのスタバ

少し時間が余ったので、行ってみました。

イラテのグランデサイズが165ペソ、300円ちょっとですかね。400円切っています。

ジョリビーであんだけ食べたのと同じと考えれば高いですね。

店内には外国人しかいない感じでした。

マニラのマクドナルド

行かなかったので、看板の写真だけ。

まぁ、安いは安いですね。

その他、お店の看板

物価水準を見るのにプラプラと歩いてみました。

やっぱり全体的に安いなーと思いました。

スーパーやコンビニも見たんですが、東京の1/3から半分弱、香港の1/4くらいの物価水準かなーと思います。

フィリピンとチップについて(帰りの空港へ向かう)

最終日に、ホテルでは荷物を預かってくれました。

別にチップ制じゃないのかもしれませんが、一応持ってきてくれた人に20ペソ札を握ってもらいました。

「Thank you, Sir!!」と、大げさにお礼を言われて恥ずかしくなりました。

また、運転手さんにも初日、二日目とお願いをしたので、心付けを渡しました。

初日は夜間に送ってもらったので300ペソ、帰りは日曜日にわざわざ来てもらった手前もあるので1,000ペソほど。

「休みの日に申し訳なかったので、これで次の週末は家族でチキンジョイ食べてください」と言いながら。

ちなみにチキンジョイは先述のJollibeeのチキンが何ピースかのセットのことを指すそうで、日本で言うケンタッキーのなんとかパックみたいな感じのようです。

ケンタッキーでクリスマスに買うようなあれですね。

またしても、「Thank you, Sir」と、大げさにお礼を言われて恥ずかしくなりました。

ちなみに、チップについては相場がよくわからず、あげすぎに気をつけなければならないのが難しいです。

こちらにとっては大した金額でなくとも、やはり彼らとは所得格差が大きいので。

月給4万円や5万円の世界ですので、2,000円もらうのは大きいですね。

なんだかいろいろと勉強になりました。

ニノイ・アキノ国際空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

チェックインカウンターはステータス会員用はがら空きでした。

出国審査も拍子抜けするほど並んでいませんでした。

そして、免税店も特に欲しいものがないので華麗にスルーし、たどり着いたのが以下のラウンジ。

紹介は別記事にしましたので、そちらをご参照ください。

すごく良いラウンジでした。

フィリピンマニラのニノイ・アキノ国際空港にあるキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介 | 香港の麺と点心もあるけど、おすすめはフィリピン料理のアドボ!

2018年11月10日

香港への帰国便

先に香港からマニラに向かう便で紹介した記事に、この帰りの便も紹介しています。

キャセイパシフィック航空CX903便、CX934便の搭乗記、マニラの旅|A350のプレエコ初体験、近距離便の機内食なども紹介

2018年8月27日

残念ながらアップグレードは・・・ありませんでした!

機材も古い感じで、ちょっと残念でしたねー、ってこれが普通なんですけどね。

A350で、しかもアップグレードなんてラッキーは求めてはいけませんね。

まとめ

フィリピンの食べ物、人、物価、町並みに触れました。

また、キャセイで初のインボラとA350、マニラの素晴らしいラウンジ。

一番意外なのは、機内で配られるこのミートパイが美味しいこと!

もう普通の機内食やめて、全部これでいんじゃね?ってくらい美味しかったです(笑)

海外旅行に行く予定の方、現地で使用するWi-fiのレンタル予約はお済みですか? こちらの記事では、海外で簡単に使えて、返却も空港のポストに入れるだけのイモトのWi-Fiを紹介しています。

イモトのWi-Fiをレンタルして、海外旅行中も快適なインターネット環境 | 空港で借りて返す、設定は簡単、携帯電話のローミングより安い

2019年1月17日

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
もし、今回の記事を気に入っていただければ、下の方にあるTwitterのフォローをお願いいたします。
記事にする前の最新情報や、ビジネスに役立つ情報なども呟いています。

The following two tabs change content below.

abi

香港駐在外資系企業超ビジネスマン。 高校中退→フリーター→専門学校、大学卒業→大企業を転々とし、外資系企業に就職→飛行機で世界を飛び回り、マイル貯めまくり。 資格取得は17個、中小企業診断士、AFP等。 旅行と読書でインプット。 MBA筑波大学大学院(GSSM)中退。
スポンサードリンク