”JGC”(JALグローバルクラブ)の解説|JALおよびワンワールドサファイアの上級会員ステータスを毎年継続、家族会員もステータス付与

スポンサードリンク




突然ですが、JGC(JALグローバルクラブ)って何か知っていますか?

こんにちは、abiです。

この記事では、JALの招待制の会員制度であり、特定顧客がサービスを受けることが出来る、JAL GLOBAL CLUB(ジャル・グローバル・クラブ)、通称JGCについて解説いたします。

スポンサードリンク




Contents

JGCへの入会資格について

JALのHPより JGCへの入会案内のページ

まずはじめに、JGCは招待制の会員制度です。

招待を受ける条件と、以下の資格を満たすことで、入会ができます。

JGC入会の条件

・JALのマイレージプログラムで「サファイア」ステータス(以上)を獲得すること
・JALカードのCLUB-Aカード以上のカードを保有すること
・JALグローバルクラブ規約を遵守すること

入会への道としては、

1.JALカードを申し込み
2.サファイアステータス獲得
3.JALカードの切り替え申請
4.完了すれば、これであなたもJGC会員!!

なお、上記の手順の1.と2.を逆にして、サファイアステータス獲得後にJALカードを申し込むという方法でもJGC入会ができます。

しかし、

・クレジットカードの審査に何らかの事情で通らない
・JALの航空券購入時の支払いや機内販売等でマイルが貯まりやすい、JALカードのメリットを享受する
・JALカードの初回搭乗5,000FOPボーナスで早くステータスに到達する

ということを考えると、先にJALカードを持っておくべきかと思います。

JGC入会で得られる特典とメリット

なぜ、皆がこぞってJGCに入会したがるのか。

それは、”JGC会員には多く特典があり、会員期間中はワンワールドのサファイアステータスを付与され続けるため”です。

通常、航空会社のステータスは1年毎に更新になりますが、搭乗によって貯まるポイント(JALの場合はFOP、フライオンポイント)がステータス付与の基準に満たない場合、翌年はステータス無しになってしまいます。

一度ステータスを取って、その特典やメリットを味わってしまえば、ステータス無しに戻るのはかなり辛いです。

しかし、サファイアステータスに到達した後に、JGCに入会をすると、JGC会員で有り続ける限り、つまりJGC入会時に作成したJALカードの会員である限り、ワンワールドのサファイアステータスが付与される続けるのです!!

諸外国を見渡しても、こんな制度は他にありません。

日本人に生まれてきてよかった、ありがとう!

大げさじゃなく、このあとに紹介するメリット特典を読めば、そう思わざるを得ないはずです!

JGC会員になることで得られるメリットと特典

JALのHPより JGCのサービスのご案内ページのスクリーンショット

今、改めてこれを書いて、とてもたくさんの特典があるなと、思いました。

やはり多くの人が入会したくなる意味が、よくわかります。

JGC会員に用意されている特典
  1. マイレージ関連
  2. 予約、搭乗時のサービス
  3. 手荷物に関するサービス
  4. 搭乗時のサービス
  5. 空港ラウンジの利用
  6. ノベルティ

マイレージ関連

初回搭乗ボーナスマイル

毎年初回の搭乗時に3,000マイルをプレゼント
※JALグループ便のマイル積算対象運賃が対象(つまり、マイルで乗ったり、ワンワールド他社便はダメ)

搭乗ごとのボーナスマイル

ボーナスマイルを35%プレゼント
※JALグループ便に加えて、アメリカン航空便、ブリティッシュ・エアウェイズ便、イベリア航空便も対象

予約、搭乗時のサービス

会員専用予約デスク

会員専用の電話番号を用意されています。

これにより、一般の電話番号より遥かにつながりやすい窓口を利用することができます。

あまり利用する頻度は高くないものですが、いざ利用する必要があるときは急を要する時が多い。

そんな時にこの、会員専用予約デスクは助かります。

優先キャンセル待ち

会員専用予約デスクと同じく、キャンセル待ちについても急を要する時には、大変助かります。

いくら一般会員が早い時間から並んでいようが、何人並んでいようが、最後に現れたステータス会員、JGC会員が優先されるのが、この優先キャンセル待ちです。

前方座席指定サービス

JALグループ便を予約の際に、前方座席を優先して指定できます。

また、公式には記載していませんが、ワンワールドのサファイアステータスがあるので、他社の国際線などでも前方座席や足元の広い席を指定できることが多いです。

JAL国際線の非常口座席、とにかくハンパじゃなく広い

チェックインサービス

JALグループ便を利用の際は、専用のカウンターでチェックインができます。

妙に空いていて豪華なカウンターを見たことがありませんか?

手前側に絨毯が敷いてあって、係の方待ち構えているようなカウンターです。

それが専用のチェックインカウンターです。

ほとんどの場合、並んでの待ち時間無しでチェックイン可能、待ってもほんの数分です。

JAL以外のワンワールドの他の航空会社を利用する場合も、サファイアステータスがあるので、ビジネスクラスカウンターなどを利用できます。

その場合もやはり、待ち時間はほぼなしで手続きが可能です。

空港での優先空席待ち

予約時と同じく、空港でも優先で空席待ちができますので、一般の方よりも優先して、空席が出れば利用できます。

航空券の空席待ちだけでなく、国内線だとクラスJやファーストクラスの当日空席待ちも利用可能です。

特にクラスJは、1,080円を追加するだけで広い座席と前方座席、マイルも10%増加といいことづく目で、ぜひ利用したいですよね。

その分、競争率が高いので、この優先空席待ちは大変有用です。

JALグローバルクラブ エントランス(国内線)

JGC会員は、チェックイン後に受ける保安検査へ進む時に、このJALグローバルクラブ エントランスを通ることができます。

これを通ると、一般の方が使用できない専用の保安検査場につながっています。

なんとなくこういう表現をするとVIP感が出ますね。

検査自体は変わらないのですが、一般の方がいないので、混雑具合が全然違います。

長い行列に並ぶ必要もなく、搭乗時間間近でハラハラしながら待つ、なんていうこともなくなります。

このサービスは、混雑が比較的多い、羽田空港、伊丹空港、福岡空港、新千歳空港で利用できます。

会員+同行者1名が利用できますので、お連れの方やご友人がいても安心です。

ファストセキュリティレーンの利用(国際線)

国際線でも同様に、一般の方とは別の保安検査場を利用できます。

利用できる空港は成田空港第2ターミナルです。

JAL便利用の場合は羽田空港でも同様のレーンが用意されています。

ステータス会員用の保安検査場、並びの列はない

一般の保安検査場、並びの列は外まで続いている

空港での優先搭乗

搭乗時刻となり、飛行機に乗る際に、JGC会員は一般の方よりも先に乗ることができます。

これによって、手荷物が多少あっても、自分の頭上のスペースを容易に確保することができます。

離れたところに荷物を置いて不安になったり、自分の座席より後ろの棚に荷物をおいて降りる時に大変な思いをしたり、荷物を入れるところがなくなってCAさんに収納をお願いしたり、ということがなくなります。

手荷物に関するサービス

受託手荷物無料許容量の優待

JAL国内線は通常+20キロまで、JAL国際線は通常+1個(32キロまで)、ワンワールドの他の航空会社の場合でも優待があります。

国内線の場合はそれほど気にならない手荷物容量ですが、通常+20キロも優待がありますので、長期の旅行でも大量のお土産でも余裕で預け入れができそうですね。

国際線では重さと個数に優待があります。

通常は23キロまでのため、重たいものをいくつかスーツケースに詰め込んでしまうと、意外とオーバーしてしまうものです。

これが優待で32キロまでになるので、そう簡単にはオーバーしません。

そもそも32キロもスーツケースに詰め込んでしまうと、重さでスーツケースが痛むと思います。

また、荷物が多くなってスーツケースやダンボールなどを増やしても、通常+1個は預け入れができますので、安心です。

これがあれば、空港カウンターの前でスーツケースを開いて詰め替えたり、中身を入れたり出したり、抜いたりする心配はありませんね!

プライオリティバッゲージサービス

平たく言うと、預けた荷物を一般の人よりも先にターンテーブルで返してくれるものです。

プライオリティタグというものを付与されますので、それを目印に一般の人よりも先にJGC会員の荷物が流れてくる、というものです。

最初の方に流れてくるのと、最後の方に流れてくるのを比べると、時間にして10分以上違うこともあります。

飛行機を降りたら早く外に出たくなるのが人情ですので、これは嬉しいですね。

たまにトイレに行ってたりすると、自分の荷物が既に流れ始めてて、2周くらいしてるときもあります。。。

それくらい早く出てくる時もあるって事で。

JALのプライオリティタグ(ファーストクラスのタグ) ※JGCとはまた別のタグです

空港ラウンジの利用

みんな大好き空港ラウンジ!

クレジットカードラウンジとはひと味もふた味も違う、優雅で豪華なラウンジが利用できます。

JGC会員は、サクララウンジという名前のJALが運営するラウンジを利用できます。

国内線ラウンジ

ソフトドリンクに加えて、生ビールやその他アルコールドリンク、おつまみが用意されています。

僕の昔の上司は、出張上がりに飲むサクララウンジのビールを楽しみに生きている人でした。

国際線ラウンジ

JGC会員になったら、ぜひ一度は試してほしいと思っています。

国内線とは違い、食事が用意されています。

名物になっているJALカレーは、JGC会員なら必ず食べてみてほしい逸品!

ビジネスマンなら、同じJGC会員の取引先との会話に華が咲くこと間違いなし。

JGCおよびステータスの最大のメリット=ラウンジ、と考えている人も少なくないくらい、魅力的な空間です。

ラウンジの名物になっているJALカレー、近くにあったチキンカツをトッピングしてアレンジ

ラウンジに関しては言葉で説明するよりも、実際に利用した際の写真や体験記を見てもらうほうが伝わると思いますので、下記に記事を紹介します。

成田空港JALファーストクラスラウンジの完全解説 | 国内最高のラウンジで靴磨き、お寿司、お酒のツマミはドライ納豆、ノンアルコールのシャンパンも

2018年11月4日

成田空港第2ターミナル本館の国際線JALサクララウンジの紹介 | JALカレー、各種ドリンク、くつろげるスペースに加え、子連れに嬉しいキッズルームあり

2018年10月28日

ノベルティ

まだ特典は続きます。

JGC会員には初回だけのノベルティと、毎年もらえるノベルティが用意されています。

バッゲージタッグのプレゼント

JGC会員になると、オリジナルのバッゲージタッグをプレゼントされます。

入会完了後、1ヶ月程度経過すると郵便ポストに何やら厚みのある品物が届きます。

表面にはJGCのロゴ、裏面には名前入り(下の名前の頭文字のアルファベット+名字のアルファベット表記)です。

空港でも街中でも、これを付けている人を見ると、「おっ」と思いますよね。

JGCのバッゲージタッグ

JALオリジナルダイアリーのプレゼント

毎年10月下旬に届きます。

僕は紙の手帳やダイアリーを使わないので不要です。

というabiのような方には、代わりにeJALポイントという、JALへの支払いに使えるポイントが貰えますので、無駄にはなりません。

abi
改めて書き連ねると、本当に多くのメリットや特典が用意されているね

実際にJGC会員として国際線に搭乗して感じたメリットと特典

では、先に紹介したこれらのメリットや特典を、実際に僕が国際線に搭乗したとき時間の流れに沿って、その威力を紹介します。

1.空港到着、チェックイン
2.手荷物を預ける
3.保安検査場通過
4.出国審査後、待機
5.搭乗
6.機内
7.入国審査後、手荷物受取 

空港到着、チェックイン

成田空港に到着して、チェックインをします。

チェックインはJGC専用カウンターを使いました。

電車を降りてエスカレーターを上がり、出発ロビーフロアに到着すると、ちょうどエスカレーターを降りたところ、フロアの真ん中にカウンターが有ります。

待ち時間は当然なく、あっさりとチェックインが完了しました。

手荷物を預ける

手荷物を預ける際に、中に預け入れが禁止されているものや、壊れやすいものが入っていないかを聞かれます。

23キロを超えて、重たいスーツケースとなったときも、32キロまではJGC会員の特典で超過料金無しで運べます。

保安検査場通過

保安検査場の外まで列が伸びている一般の方を横目に、ファストレーンで専用の保安検査場を利用します。

この日は誰も前にいなかったので、待ち時間ゼロでした。

前に人がいても一人か二人という程度の場合がほとんどです。

出国審査後、ラウンジの利用

出国審査を受けて、制限区域へと進みます。

ここまでで、電車で空港についてからおよそ10分でした。

もし2時間前に空港についている場合、あと1時間50分もある計算になります。

しかし、JGC会員ならラウンジが使えますので、いくらでも時間を有効に使えます。

JAL名物のカレーを食べるも良し、ゆっくりとコーヒーを飲むも良し、シャワーに入るのも良し、色んな種類のお酒を楽しむのも良し、ビジネスコーナーで軽く仕事をこなすのも良し。

成田空港のJALラウンジの入口

優先搭乗で機内へ

搭乗時刻が近くなると、ラウンジに放送で案内があります。

それを聞いてからゲートに向かうと、ちょうど優先搭乗の時間に到着します。

国際線の場合はカバンの他に、免税店で購入したお土産もあり、早めに頭上の荷物棚を確保したいですよね。

優先搭乗なら一般の人よりも先に、荷物棚を確保できるので安心。

収納が終われば、ゆっくりと出発までの準備をします。

荷物を収納した後に、離陸前に先に一度、機内でトイレを済ましてしまうのも良いかもしれません。

一般の方が乗り込んだり、荷物を収納したり、シートで着席の準備をしているので、すぐには飛び立たず、時間の余裕があります。

機内でのくつろぎ、前方座席指定

座席指定は予約時またはチェックイン時に行っておきますが、JGC会員はここでも一般の方と差があります。

機内では、一般の方には開放されていない前方座席を指定できるJGC会員は、エコノミークラスでもくつろぐことができます。

特に、非常口座席の場合は、身長が5mくらいある進撃の巨人でない限り、窮屈にならないほどスペースがあります。

非常口座席が好きではない方は、バルクヘッド席という、エコノミークラスの最前列の席をしてすると良いでしょう。

こちらも一般の方には開放されていな席で、非常口座席にはやや劣るものの、それでも足元を広く使うことができる席です。

非常口座席で足を楽にして、映画を見る

入国審査後、手荷物受取

入国審査を終えて、出発空港で預けた手荷物を引き取りに、ターンテーブルで待ちます。

プライオリティタグが付与されていますので、一般の方よりも先に荷物が出てきます

国際線の長い搭乗時間から開放されて、早く外に出たい気持ちで一杯の時に、すぐに荷物が受け取れるのでとても嬉しいサービスです。

到着が遅めの時間の場合、誰かが迎えに来ている場合など、早く荷物を受け取れるに越したことはないので、いいサービスです。

JGCステータスを得た後に、JAL便の国際線に搭乗したときの感想などは、下記の記事で搭乗記を書いていますので、ご参照ください。

JL735便に搭乗した感想 | インボラアップグレードによるビジネスクラス搭乗記|チェックインカウンターでもしもし、機内食は和食

2018年8月21日

JL26便の搭乗記 | プレミアムエコノミーシートは快適?香港のラウンジとインタウンチェックイン、機内食は?

2018年7月30日

JGCの家族会員について

ここまで紹介してきたJGCのメリットと特典ですが、さらに大きなメリットの一つとして、JGCの家族会員があります。

本会員と生計を同一にする配偶者、両親、18歳以上の子供は、JGCに家族会員として入会できます。

なお、これにかかる年会費は、次の項目で説明いたします。

家族会員は、全く搭乗実績がなくても、JGC会員のJALカードで家族カードを申し込み、入会申請をするだけで、ワンワールドのサファイアステータスで迎えられ、先に紹介した各種サービスが受けられます

もう、これでもかって言うくらいのタダ乗りですよね!

また、本会員を含む4人家族の場合で考えると、例えば夫が本会員、妻が家族会員でしたら、子供が2名いても全員でラウンジに入れたりするなどのメリットが考えられます。

当然、家族会員の方だけが飛行機を利用する場合に、本会員が同行していなくても、ワンワールドのサファイアステータスの特典を受けることが可能です。

JGCの年会費について

JALのHPより JGCに必要なJALカードの種類と年会費のスクリーンショット

JGCの年会費=対象JALカードの年会費です。

カードの種類によって異なりますが、10,800円〜33,480円までのいずれかとなります。

なお、家族カードの年会費も10,800円〜27,000円までのいずれかとなります。

家族会員1名を想定する場合は、年会費合計で21,600円〜60,480円が必要となります。

JGC資格の有効期限について

対象のJALカードを保有していれば自動更新となります。

つまり、一度条件を達成して、対象のJALカードを更新し続けていれば、ずっとJGCの会員と言うことになります。

ここまでに紹介した、入会資格や家族会員、年会費、資格の更新などについては、以下のJALのHPに記載があります

JALのHP JGCご入会にあたって

JGC(JALグローバルクラブ)の解説 まとめ

ここまで書いて、本当に特典やメリットが多いなと思いました。

改めてまとめますと、

  • JGCの入会資格

JALカード(CLUB-A以上)保有
サファイアステータス以上に到達
申し込みを行う

  • JGCのメリットと特典

先に挙げた、数多くのメリットと特典
初回ボーナス及び搭乗ごとのボーナスマイル
予約から搭乗、ラウンジに手荷物などのメリットと特典
ノベルティでバッゲージタッグ、ダイアリーも

  • 家族カードでJGC家族会員

4人家族でも安心
家族会員だけでもメリットと特典を受けられる

  • 有効期限はJALカード更新し続ける限り
abi
こんな素晴らしい制度がずっと続くことを、僕と一緒に願いましょう!

 

なお、ANAにも同様のサービスが有り、そちらはスーパーフライヤーズカード(SFC)というものです。

下記の記事で紹介していますので、興味がある方はそちらも参考にしてみてください。

スーパーフライヤーズカード(SFC)でずっとANA上級会員に。使って実感した特典とメリットを解説

2018年10月12日
海外旅行に行く予定の方、現地で使用するWi-fiのレンタル予約はお済みですか? こちらの記事では、海外で簡単に使えて、返却も空港のポストに入れるだけのイモトのWi-Fiを紹介しています。

イモトのWi-Fiをレンタルして、海外旅行中も快適なインターネット環境 | 空港で借りて返す、設定は簡単、携帯電話のローミングより安い

2019年1月17日

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
もし、今回の記事を気に入っていただければ、下の方にあるTwitterのフォローをお願いいたします。
記事にする前の最新情報や、ビジネスに役立つ情報なども呟いています。

The following two tabs change content below.

abi

香港駐在外資系企業超ビジネスマン。 高校中退→フリーター→専門学校、大学卒業→大企業を転々とし、外資系企業に就職→飛行機で世界を飛び回り、マイル貯めまくり。 資格取得は17個、中小企業診断士、AFP等。 旅行と読書でインプット。 MBA筑波大学大学院(GSSM)中退。
スポンサードリンク