ステータスとは | ステータス保有者によるJAL、ANAのステータスの解説、取得方法、使って実感したメリットと特典

スポンサードリンク




上司
今年は出張も多いので、そろそろステータスが取れそうか?
部下
ステータスってなんですか?
マイルを貯めるのとは、別のものですか?
上司
飛行機の利用が多い場合、ステータスがあれば快適度と利便性が大きく向上するぞ。
よく飛行機を使うならば必ず知った方が良い制度だから、これを機に調べるといいぞ。

こんにちは、abiです。

今回は、以下のような方のために記事を書きました。

この記事を読んでほしい人

ステータスとは何か知りたい
ステータスにはどんなメリットや特典があるのか
ステータスはどのようにとることが出来るのか

ステータスを取るためには一定以上の回数や距離を飛行機に乗るしかなく、簡単に取れないです。

でも、僕はステータスを取ってからは飛行機に乗るのが少し楽しみになったし、待ち時間や座席などの苦痛も大きく減らしてくれるから、ステータスが無い飛行機利用は考えられないくらいです。

簡単に言えば、ステータスとは、航空会社があなたを特別扱いしてくれる制度です。

各航空会社で用意されているステータスプログラムですが、内容は共通している部分と、一部違う部分があります。
細かい部分を省いて端的に言えば、たくさん乗ってくれるお客さんを特別扱いする制度がステータスです。

この記事では、まずステータスで得られるメリットと特典の概要を紹介します。

その後、日系航空会社2社のステータスの特典概要と、ステータス種別、目指すべきステータス、費用の目安などを紹介し、ケース別でJALとANAのどちらのステータスが合うかを提案します。

そして、最後にステータスを取るための方法やポイントなどについて解説をします。

スポンサードリンク




Contents

ステータスのメリットと特典

ステータスには様々なメリットと特典があります。

僕が実際にステータスを保有して体験したメリットを中心に、紹介をします。

JALだとサファイア、ANAならプラチナステータス以上があれば、これらの特典が受けられますので、この記事の中で概要を紹介します。

予約時のメリット、特典

  1. チェックインのメリット、特典
  2. 空港でのメリット、特典
  3. 搭乗でのメリット、特典
  4. 手荷物受取でのメリット、特典
  5. マイル付与でのメリット、特典
  6. その他ステータスによる違い

予約時のメリット

まず、予約時のメリットとして挙げられるのは、予約が取りやすいことです。

具体的には、キャンセル待ちの優先と先行発売があげられます。

キャンセル待ちの優先については、ステータスを保有していると、空港でのキャンセル待ちが他の乗客より優先されることや、特典航空券のキャンセル待ちもステータス会員が優先されます。

つまり、他の会員がどれだけ朝早くや先にキャンセル待ちを申し込んでいても、ステータス会員が申し込みをした段階で必ず飛ばされてしまいます。

合法的な横入り感がありますが、このようなルールになっていますので、ステータス会員にはメリットですね。

また、予約後に指定できる座席にも違いがあります。

ステータス会員の場合は、一般会員が指定できない前方や足元の広い席、非常口座席などが指定できます。

具体的には下の写真のように、エコノミークラスですが前が壁だったり非常口だったりと、足元が大変広い席です。

窓側および通路側の希望についても、最大限の希望を聞いてくれます。

チェックインのメリット

通常のエコノミークラスのカウンターでは長蛇の列、という経験はありませんか?

下記の写真のようにチェックインカウンターに長い列ができている場合、待ち時間が非常に長くなります。

特に国際線の場合や、リゾート地(沖縄や北海道)、天候等の理由でダイヤに乱れが発生した場合には、30分や1時間も並ぶという経験があるのではないかと思います。

しかし、ステータス会員は、専用のチェックインカウンターを利用できるので、この時間を大幅に短縮することが出来ます。

下記の写真は上で示したエコノミークラスの行列と同じ時間の、ステータス会員用のチェックインカウンターです。

過去の僕の経験から言えば、チェックインで並ぶ時間は平均で2〜3分というところであり、概ね5分以内、長くても10分まで並ぶことは稀です。

空港でのメリット

チェックイン以外にも空港ではメリットがあります。

まず、保安検査を専用検査場で受けられます。

国内線の場合は、ステータス会員用のカウンターを抜けると専用の保安検査場につながっています。

国際線の場合は、ファストトラックや、下記の写真のプライオリティレーンなどの名称で、一般の保安検査場とは別に小さなゲートが用意されており、そこから入ると待ち時間が短い専用検査場につながっています。
(空港によっては専用検査場が設置されていないところもあり)

特に連休や年末年始など、利用者が多くなると保安検査場が混雑しますので、メリットが体感しやすくなります。

保安検査場を抜けた後は、搭乗までの待ち時間で専用ラウンジを使用できます。

成田空港のJALラウンジの入口

クレジットカードで入室できるラウンジでは、ソファとソフトドリンク程度の内容ですが、航空会社のステータス会員用ラウンジでは、アルコールやおつまみなども提供されています。

また、クレジットカードほど敷居が低くないので、混雑度合いにも差があります。

特に、国際線利用の場合は軽食とは言えないほどのしっかりとした食事なども提供されています。

ラウンジを目当てにステータスを目指すという方も少なくないと聞くほど、メリットがある特典です。

具体的なラウンジの紹介例として、JALの成田空港のファーストクラスラウンジとサクララウンジ(ビジネスクラスラウンジ)、香港のキャセイパシフィック航空のファーストクラスラウンジとビジネスクラスラウンジを紹介した記事を、記載いたします。

成田空港JALファーストクラスラウンジの完全解説 | 国内最高のラウンジで靴磨き、お寿司、お酒のツマミはドライ納豆、ノンアルコールのシャンパンも

2018年11月4日

成田空港第2ターミナル本館の国際線JALサクララウンジの紹介 | JALカレー、各種ドリンク、くつろげるスペースに加え、子連れに嬉しいキッズルームあり

2018年10月28日

香港国際空港のキャセイパシフィック航空ファーストクラスラウンジ The Wingを完全解説

2018年11月10日

香港国際空港のキャセイラウンジ「The Deck(ザ・デッキ)」の紹介 | 名物のヌードルバー、シャンパンなど充実の内容

2018年11月4日

キャセイパシフィック航空の香港国際空港にあるファーストクラスラウンジ ザ・ピア(The Pier)の紹介 | 充実のレストラン、個室でくつろげるデイスイーツ、マッサージやスパも!

2018年10月23日

搭乗でのメリット

搭乗では、ステータス会員は優先して機内に乗ることが出来る”優先搭乗”ができます。

下の写真は、右側が一般搭乗の列で既に長蛇の列、左側の2〜3人が並んでいるのが優先搭乗の列です。

どんなステータスを持っていても2歳以下の小さなお子様連れや体が不自由な人よりも先に乗ることはできませんが、そのような人は多くありません。

つまり、他の多数の乗客よりも機内に入ることが出来るので、荷物を自分の真上に収納したうえで、ゆっくりと出発、離陸までの間に準備を整えることが出来る、というのがメリットです。

特に機内持ち込み荷物が多い時や、スーツケースを持っているときなどに、機内の手荷物収納棚争いをする必要や、その心配をする必要がなくなります。

精神衛生上も大きなメリットですね。

手荷物受取でのメリット

預けた手荷物を到着した空港で受け取る際に、自分の荷物が早く出てくると嬉しいですよね?

あの順番は運だけで決まっているわけではなく、ステータス会員の荷物を先に返したのちに、一般会員の荷物、という順番になっています。

そのため、一般会員の人がーンテーブルの手前に張り切って並んでも、ステータス会員の荷物よりも先に出ることはありません

理由として、ステータス会員が預けた荷物には、プライオリティタグと呼ばれる、優先の目印がついており、そのタグが付いている荷物から先にターンテーブルに流れるためです。

手荷物に付与されるビジネスクラスのプライオリティタグ

預け荷物に付与されたプライオリティタグ

ステータスがあれば、そのように張り切って並んでいる方を、お疲れ様ですー、と横目で見ながら、自分の荷物を先に受け取ることが出来ます。

マイル付与のメリット

ステータス会員はマイル付与にボーナスがあります。

そのステータスに応じて、通常の獲得マイルの55%増加だったり、ステータスが高くなれば100%を超えるほどのボーナスマイルももらえます。

同じ回数、同じ運賃で乗っても、一般会員とステータス会員では大きな差が生まれることになります。

マイルは1マイル1円以上、使い道によっては1マイル5円や10円にもできますから、マイルが貯まって嬉しくない人なんて、いませんよね?

その他、ステータスによる違い:音、あいさつ、インボラ

そのほかにもステータス会員にはいくつかのメリットや違いが用意されています。

まず、国内線の搭乗ゲートを通る際にチケットをかざした時の音が、一般会員とは違います。

同時に、ゲートや機内での航空会社の方からのあいさつも違います。

●一般会員の場合
音:ピッ
係りの人:(黙礼)

●ステータス会員の場合
音:ファンファーン
係りの人:いつもありがとうございます。

という具合です。

また、時によっては、ステータス会員は機内でCAの方から挨拶を受けることがあります。

CAさん
abi様、本日もご搭乗ありがとうございます。
私、担当させていただきます○○と申します。
何かありましたら、お気軽にお声掛けください。

というような内容です。

以前は多くのステータス会員に挨拶を行っていたそうですが、現在は減らしているようです。

国際線の場合は、非常口座席指定の場合には注意事項説明と合わせて挨拶を受けます。

そのほかにも、基準はわかりませんが、たまに挨拶をされます。

僕は別に挨拶してほしくないし、放っておいてほしいなと思いますが、人によっては挨拶をされるのがうれしい人もいるので、そのような人にはメリットになるのかもしれません。

さらに、国際線ではインボラアップグレードというものが、稀に行われます。

具体的には、エコノミークラスがオーバーブッキングになった場合に、誰かを無料で上のクラス(ビジネスクラスや、プレミアムエコノミークラス)にアップグレードする、というものです。

このアップグレードをする”誰か”については、どのように選ぶのか?
そう、ステータス会員が優先されますよね。

選考基準などについては開示されていませんので、はっきりとしたことは言えませんが、ステータス会員が選ばれやすいですのは間違いありません。

僕も過去に何度もこのアップグレードの恩恵を受けており、下記の記事でインボラアップグレードが行われたフライトの搭乗記も記載しています。

CX520便でキャセイのビジネスクラスを体験|はじめてのインボラアップグレード

2018年9月5日

キャセイパシフィック航空CX903便、CX934便の搭乗記、マニラの旅|A350のプレエコ初体験、近距離便の機内食なども紹介

2018年8月27日

JL735便に搭乗した感想 | インボラアップグレードによるビジネスクラス搭乗記|チェックインカウンターでもしもし、機内食は和食

2018年8月21日

航空会社のステータスについて | どんなステータスがあるのか、JAL、ANAのステータスを解説

先にステータスによるメリットと特典を紹介しましたが、航空会社にはどのようなステータスがあるのでしょうか。

JALとANAのステータスを、以下の順を追って解説をしましょう。

  1. JALのステータスについて
  2. ANAのステータスについて
  3. JALおよびANAで最低限目指すべき、ステータスについて
  4. ステータス取得にかかる費用の目安について
  5. ケース別、こんな人はJAL、ANAどっちのステータスを目指すべき?

JALのステータスについて

ステータスの高い方から順に、ダイヤモンド、JGCプレミア、サファイア、クリスタルという、4種類のステータスが用意されています。

先に紹介した特典は、サファイア以上のステータスで受けることが出来ます。

ANAのステータスについて

ステータスの高い方から順に、ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズという3種類のステータスが用意されています。

先に紹介した特典は、プラチナ以上のステータスで受けることが出来ます。

JALならサファイア、ANAならプラチナを目指すべき理由について

JAL、ANAどちらの航空会社のステータスを目指すとしても、下から2つ目のサファイアまたはプラチナステータスを目指すのが、最低限の目標といえます。

理由として、もっとも取得が容易なクリスタルまたはブロンズのステータスでは、機内への優先搭乗程度はできますが、空港ラウンジを利用したり、専用チェックインカウンターを利用したり、預け手荷物の優先引渡しタグの付与をしたりという、非常に利便性と満足度が高いサービス受けられないからです。

そう考えると、一定以上のサービスを受けられるのは、サファイアまたはプラチナステータス以上であることから、これを目指すのが最低限の目標といえます。

また、次に説明する航空会社の会員制度への入会申請を行う権利を得られるのも、JAL、ANAともにサファイアまたはプラチナステータスが必要となることも理由です。

JGC(JALグローバルクラブ)、SFC(スーパーフライヤークラブ)の特典

JALならサファイア、ANAならプラチナステータスを最低限の目標とする、最も大きな理由に、JALグローバルクラブ(略称、JGC)およびANAスーパーフライヤークラブ(略称、SFC)があります。

JGCとSFCの具体的な説明は、下記の記事で行っています。

スーパーフライヤーズカード(SFC)でずっとANA上級会員に。使って実感した特典とメリットを解説

2018年10月12日

”JGC”(JALグローバルクラブ)の解説|JALおよびワンワールドサファイアの上級会員ステータスを毎年継続、家族会員もステータス付与

2018年10月9日

両社とも、1度サファイアまたはプラチナステータスを取得すると、このJALグローバルクラブまたはANAスーパーフライヤークラブへの入会申請ができます。

入会にはJALまたはANAのクレジットカードのうち、年会費10,000円程度以上の条件を満たしたクレジットカードを保有する必要があります。

毎年カードの年会費で最低10,000円以上は高いと思われるかもしれません。

ただ、それを上回るメリットがあるので、みんなこれを目指しますし、ほぼみんなこれに入会します。

その理由は、本来であれば、ステータスの有効期限は1年間であり、せっかくステータスをとっても、次の年に必要なポイントが達成できなければ、またステータスなしに逆戻り、というのが通常です。

しかし、JGCまたはSFCは、一度この入会(サファイアまたはプラチナステータス取得+入会申請+クレジットカード保有)をすれば、クレジットカードを保有している限り、サファイアまたはプラチナステータスを継続できるというメリットがあります。

毎年数多く飛行機に乗る人はそれほど大きなメリットはありませんが、仮に乗らなくなったとしても、一定以上のステータスがキープできるという、お得な制度です。

なお、諸外国にこのような制度はありません。

ルールが変わらず、末永く使えることを、JGCとSFCの両方を保有している僕は願っています。

ステータス取得にかかる費用の目安について

目指すステータスがサファイアまたはプラチナの場合、50,000フライオンポイントまたはプレミアムポイント(※これらのポイントについては、次の項目で説明します)が必要となります。

大体このポイントの単価で1ポイント10円くらいなら悪くないと言われます。

そのため、50,000ポイントを単価10円で獲得したと仮定すると、約50万円程度がかかる計算になります。

ダイヤモンドを目指すと必要ポイントは100,000になりますので、約100万円です。

実際には搭乗路線やチケットの予約クラスなどでポイント数と、ポイント単価が変わりますので、一概には言えません。

いろいろとポイント単価の良いルートや運賃を探すことで、ポイント単価5円〜6円くらいにすることはできるので、頑張りによってはその半分程度の費用で取得することもできます。

ステータスの取り方、取得方法 | JALとANAの2社のステータス保有者が解説する、ステータスの取り方

2018年10月4日

PP単価6.78円|ANAのプラチナステータスを海外在住で取得する|ビジットジャパン運賃、海外発券を駆使

2018年8月28日

ケース別、こんな人はJAL、ANAどっちのステータスを、どのような方法で目指すべき?

ケース1:マイルがたくさんたまっているのですが、何かいい方法はありますか?

マイルがたまっている方は、そのマイルを利用することで費用を抑えることができますので、既にマイルが貯まっている航空会社のステータスを目指すことを勧めます。

本来であれば、マイルを特典航空券に換えた場合、ステータス獲得に必要なポイントは得ることが出来ません

しかし、マイルを航空会社のポイントやコインに換えて、それを元手に航空券を購入すると、ステータス獲得に必要なポイントを得ることが可能です。

具体的には、JALの場合は、JALマイルをe-JALポイントへ換えて、そのe-JALポイントで航空券を購入することを指します。

同じくANAの場合は、ANAマイルをスカイコインに換えて、そのスカイコインで航空券を購入するとを指します。

実際に僕はANAのステータスを取るときには、この方法を利用して、30万円弱を節約しました。

ケース2:飛行機に乗る回数が多いんだけど、JALとANAどちらがおすすめ?

JALを勧めます。

理由を2つ挙げると、1つはJALにはポイントが届かなくとも回数で到達できる基準が用意されていること、2つ目はJALの方が搭乗ボーナスポイントの基準が有利で、同程度の運賃で搭乗しても片道400ポイント程度の差があるケースが見られるという理由です。

加えて、一定条件以上のJALカードを保有していると、ステータス獲得に必要なフライオンポイントを毎年初回搭乗時に5,000ポイントもらえることも、理由に挙げられます。

これがあるおかげで、ステータスにぐっと近づくことができます。

ケース3:これからポイントサイトも使ってマイルを貯める予定だけど、JALとANAどちらがおすすめ?

ANAを勧めます。

理由は、ポイントサイト経由でマイルを貯める場合は、JALよりもANAの方が、ポイントからマイルへの変換率が高いためです。

ただ、これは現時点の話であり、現在はややマイラーにとっては一部のサービス提供者などで改悪の動きが出ていることから、今後の動向に注意する必要があります。

しかし、以前ほど簡単に多くのポイントからマイルを得られなくなったというだけであり、引き続き大きなマイルを得るためには、有効な手段であることは間違いありません。

ステータスの取り方=飛行機に乗るしか道はなく、FOPおよびPPで決まる

マイルを貯める場合は、飛行機を乗る以外にもクレジットカードを利用したり、ポイントサイトのポイントをマイルに換えたりなど、複数の方法で貯めることが出来ました。

しかし、ステータスを取るために必要になるポイント、JALならFLY ONポイント(略称、FOP)、ANAならプレミアムポイント(略称、PP)を貯めますが、これは”飛行機に乗ること”でしか貯められません

そして、このポイントを一定数貯めると、ステータスが付与されるという仕組みです。

  1. ステータスに必要なポイント数について
  2. JALのポイント数の例
  3. JALのシミュレーションサイト
  4. ANAのポイント数の例
  5. ANAのポイント数のシミュレーションサイト

ステータスに必要なポイント数について

ステータスの種類によりますが、先に説明したサファイアまたはプラチナステータスを目指すには、50,000ポイントが必要になります。
回数での基準があるJALの場合は、ポイント以外に50回乗るという手段もあります。

乗る便が決まっている場合は、ご自分のチケット情報を航空会社のシミュレーションサイトに入力して、あらかじめポイント数を計算することで、綿密な計画が立てられます。

JALのポイント数のシミュレーションサイト

こちらのJALのシミュレーションサイトで、航空券の条件と、現在のステータスやJALカード有無などの会員条件を入力することで、獲得するマイルとFLY ONポイントが確認できます。

参考画像:JALのHPからシミュレーションのスクリーンショット

JALのポイント数の例

一例として、国際線と国内線でシミュレーションサイトを利用して計算してみました。

国内線 羽田−新千歳 普通席

普通運賃の場合:1,420フライオンポイント
特便割引の場合:1,166フライオンポイント
先得割引の場合:766フライオンポイント

国際線 羽田−香港 エコノミークラス

予約クラスW〜Eの場合:3,135フライオンポイント
予約クラスL〜Sの場合:1,767フライオンポイント

ANAのポイント数のシミュレーションサイト

こちらのANAのシミュレーションサイトで、航空券の条件と、現在のステータスやANAカード有無などの会員条件を入力することで、獲得するマイルとプレミアムポイントが確認できます。

参考画像:ANAのHPからシミュレーションのスクリーンショット

ANAのポイント数の例

一例として、国際線と国内線でシミュレーションサイトを利用して計算してみました。

国内線 羽田−新千歳 普通席

普通運賃の場合:1,420プレミアムポイント
特割の場合:1,165プレミアムポイント
旅割の場合:765プレミアムポイント

国際線 羽田−香港 エコノミークラス

予約クラスG〜Mの場合:3,134プレミアムポイント
予約クラスV〜Tの場合:1,367プレミアムポイント

ステータスについてのまとめ

ステータスの特典は盛りだくさん、飛行機に乗るのが楽しくなるほど!

毎年ステータスを取れなくても、JGCとSFCに入会すれば、一定のステータスは維持可能!

ステータスを取るための計画は、シミュレーションサイトを利用して、計画的に!

 

ステータスに関する記事で、飛行機が嫌いな人ほどステータスを取るべき、という記事を書いていますので、こちらもご覧ください。

JALおよびANAの上級会員資格取得のすすめ(国際線編) | 嫌いな人ほどJGC・SFCを取るべき、出張、単身赴任は特に | 飛行機が嫌いだけど乗らざるを得ない人へ

2018年8月23日

また、ANAとJALの両方のステータスを紹介しましたが、国際線に搭乗する際はどちらの航空会社がいいのか?という違いの比較についても記事にしていますので、合わせて参考になればと思います。

ANAとJALどっちがいいの?国際線利用時の比較について | チェックイン・座席・機内食・ラウンジ

2018年7月25日
海外旅行に行く予定の方、現地で使用するWi-fiのレンタル予約はお済みですか? こちらの記事では、海外で簡単に使えて、返却も空港のポストに入れるだけのイモトのWi-Fiを紹介しています。

イモトのWi-Fiをレンタルして、海外旅行中も快適なインターネット環境 | 空港で借りて返す、設定は簡単、携帯電話のローミングより安い

2019年1月17日

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
もし、今回の記事を気に入っていただければ、下の方にあるTwitterのフォローをお願いいたします。
記事にする前の最新情報や、ビジネスに役立つ情報なども呟いています。

The following two tabs change content below.

abi

香港駐在外資系企業超ビジネスマン。 高校中退→フリーター→専門学校、大学卒業→大企業を転々とし、外資系企業に就職→飛行機で世界を飛び回り、マイル貯めまくり。 資格取得は17個、中小企業診断士、AFP等。 旅行と読書でインプット。 MBA筑波大学大学院(GSSM)中退。
スポンサードリンク