クアラルンプールのキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介 | 内観、飲み物、食べ物などスタンダードなラウンジ

スポンサードリンク




ANA修行の一環で、香港からクアラルンプールへ移動の際に、キャセイパシフィック航空を利用したことから、クアラルンプールにあるキャセイパシフィック航空のラウンジを利用しました。

今回は、クアラルンプール国際空港にある、キャセイパシフィック航空ラウンジ(ファースト・ビジネス)について、ご紹介します。

正直なところ、マレーシア航空のゴールデンラウンジに比べると地味な感じは否定できません。

特色のあるサービスなどは特にありませんが、それなりに静かで落ち着ける場所でしたので、選択肢の一つとしてはいいかもしれません。

スポンサードリンク




クアラルンプールのキャセイパシフィック航空ラウンジの場所

イミグレを抜けてそのまま進んだところや、他の便から到着した場所から見ると、一つ上のフロアになります。

割と複雑な形をしている空港なので、迷いやすいと思います。

この空港だけでなく、クアラルンプールの街中も含めて全体的に言えることですが、人を迷わせる作りです!

看板などが途中で終わっていたり、指し示している方向が微妙だったりなど、分かりづらいことが多いので、注意しましょう。

案内板やインフォメーションセンターでしっかりと場所を確認して、進むことをおすすめします。

イーストウィングのC21〜C27あたりがその場所になります。

おなじみな感じのあのロゴを目指して進みましょう。

クアラルンプールのキャセイパシフィック航空ラウンジの営業時間

朝7時から夜23時までです。

このときは朝6時半頃に到着して、少し早すぎたのですが、ちょうどオープンの準備をしている人に聞いたところ、入れてくれました。

また、このあとキャセイに乗り継ぎの旨を話すと、そのままチケット発行の手配もしてくれたため、乗り継ぎカウンターに行かず、ラウンジでそのまま過ごしているだけでよかったです。

むむ、なんて親切なキャセイ。(香港でも親切ですけどね)

クアラルンプールのキャセイパシフィック航空ラウンジの内観や居心地

正直なところ時間帯が早すぎたため、どれだけ参考になるんだろう、というところはありますが、とても静かで落ち着けるところでした。

ソファー席なので、ガッツリと混んでくると知らない人とボックス席で一緒になる多少の気まずさはありますが、全体的に静かで落ち着いた空間でした。

朝が早すぎて外が暗いです。

外が明るければ、飛行機を見ながら休憩できるのかもしれません。

ソファーの他に、奥の方にはビジネスコーナーも見えます。

比較的落ち着いて休憩ができそうなラウンジだと思います。

クアラルンプールのキャセイパシフィック航空ラウンジの食事と飲み物

各種ソフトドリンク、アルコール(多分あったかと思いますが、飲んでないので記憶にない・・・)があります。

改めて画像を見ると、赤ワインや壁にかかったリキュールの瓶が見えますので、それなりに置いて有りそうです。

ビールはこの冷蔵庫に入っているようですが、ハイネケンの1種類だけですね。

また、食べ物もそれなりに充実していそうでした。

早朝着のANA便で羽田からやってきた私には、食べる気力、飲む気力はありませんでしたが。

 

カップラーメンやクッキーなども見えます。

お湯を沸かすケトルも完備。

右側には赤ワインのボトルも見えます。

食事の提供はこの程度のメニュー数。

パンの他に、豆の煮物など。

メニューの名前だけ見ても、いまいちピンときません。

チキンハムとハニーピーチって一緒にできるんでしょうか。

その隣は麺類のようですが、どんな麺だったか・・・。

写真を取り忘れてしまったので、これは実際に行って確かめてください。

おかゆもあるようですね。

香港人や中国人はおかゆが好きですから、ツボを抑えているのかもしれません。

そんなときに嬉しかったのは、缶の綾鷹がおいてあったことでしょうか。

AYATAKA!

疲れた体に染み渡ります。

クアラルンプールのキャセイパシフィック航空ラウンジのまとめと考察

海外でも自社ラウンジを設置するのは素晴らしいと思います。

名前こそファースト・ビジネスラウンジですけど、実際はビジネスクラスラウンジですね。

これまでに、シンガポール、フィリピンのマニラでキャセイパシフィック航空のラウンジを利用しましたが、そちらではヌードルバーや各国の地域料理がオーダー形式でも提供されていましたので、やや(かなり)見劣り感は否めませんでした。

そもそも、ワン・ワールド加盟なんだからマレーシア航空のゴールデンラウンジが使えるじゃん!というJALのステータスホルダー的には意見がありそうですが、キャセイの場合はシルバー(ワン・ワールドのルビーステータス)でも自社ラウンジを利用できることから、この層の人には助かるものでしょうか。

最近のキャセイのクラブポイントの貯まり方からすると、シルバーステータスでも相当にハードルが高いと言えますし。

(いかにJAL、日系エアラインが恵まれているかですね、ありがとうございます)

というわけで、ワン・ワールドのサファイア以上のステータスの方にはマレーシア航空のゴールデンラウンジがおすすめですが、キャセイのシルバーステータスの方や、AYATAKAが飲みたい方には、こちらのラウンジが有用ではないかと思います。

海外旅行に行く予定の方、現地で使用するWi-fiのレンタル予約はお済みですか? こちらの記事では、海外で簡単に使えて、返却も空港のポストに入れるだけのイモトのWi-Fiを紹介しています。

イモトのWi-Fiをレンタルして、海外旅行中も快適なインターネット環境 | 空港で借りて返す、設定は簡単、携帯電話のローミングより安い

2019年1月17日

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
もし、今回の記事を気に入っていただければ、下の方にあるTwitterのフォローをお願いいたします。
記事にする前の最新情報や、ビジネスに役立つ情報なども呟いています。

The following two tabs change content below.

abi

香港駐在外資系企業超ビジネスマン。 高校中退→フリーター→専門学校、大学卒業→大企業を転々とし、外資系企業に就職→飛行機で世界を飛び回り、マイル貯めまくり。 資格取得は17個、中小企業診断士、AFP等。 旅行と読書でインプット。 MBA筑波大学大学院(GSSM)中退。
スポンサードリンク