上海浦東空港にあるキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介 | 居心地は?食べ物は?飲み物は?おすすめポイントはある?

スポンサードリンク




この記事では、上海浦東空港のキャセイパシフィック航空ラウンジについて紹介します。

キャセイパシフィック航空を利用して、浦東空港を利用する方の参考になればと思います。

スポンサードリンク




キャセイパシフィック航空 上海浦東空港ラウンジの場所

上海浦東空港の、ターミナル2のゲート69の近くにあります。

ちなみに、JALはターミナル1ですが、同じワンワールドでもキャセイはターミナル2ですので、ご注意を。

(私はJAL便の人を見送った後、しばらくキャセイカウンターを探してターミナル1を漂ってました)

キャセイパシフィック航空は感じで書くと国泰です。

中国語の発音は「グオタイ」

なぜこう表記するのかわかりませんが、香港感はゼロですね。

案内表示を目印にして進むと、入り口にたどり着けます。

おなじみのキャセイのロゴが待っています。

キャセイパシフィック航空の浦東空港の指定ラウンジを利用できる条件

キャセイを含むワンワールド加盟会社便利用の方で、マルコポーロクラブのシルバー以上のステータスまたはワンワールドのサファイヤ以上のステータスがあれば利用可能です。

キャセイパシフィック航空の浦東空港の指定ラウンジの営業時間は、朝6時から夜8時45分までです。

おそらく、最終の香港便をカバーできる時間まで、ということなのでしょう。

キャセイパシフィック航空ラウンジの内部の様子

清掃が行き届いていますので、きれいです。

上の写真のように、ソファーとテーブルが用意されているスペースが、いくつかあります。

それなりの数を用意されているので、座る場所を探し回る、というようなことは、経験がありません。

 

キャセイパシフィック航空ラウンジの提供されている飲食物、ミールの内容

ホットミールとして点心の他、スープ、その他ご飯やおかずなどがあります。

点心の方は、なんとなく香港でお馴染み感があります。

黄色い皮のシュウマイ、野菜餃子、もう一つはなんの餃子でしょうね。

おかずとご飯と野菜。

どことなく漂う中国感。

スープもあります。

また、写真にはありませんが、注文式の麺も用意されていました。

見た感じではあまり美味しそうだとは思えませんでしたので、食べていませんが・・・どうでしょうね。

カップヌードルも置いてありましたが、中国製のものですので、日本製とは味が少し違います。

過去に食べたことがありますが、これはこれでありかな、と思っています。

冷蔵庫には各種の飲み物が。

おなじみの青島ビールだけでなく、朝日もあります。

ソフトドリンクも結構豊富に揃えています。

おつまみにはポテトチップス、ピーナッツ。

お菓子も少々。

ウィスキーはジョニーウォーカーとジンビーム

ワインは赤、白、ロゼと揃えています。

リキュールもあり。

一通りの飲み物は揃っている感じがありますね。

コーヒーはマシン式。

中国のコーヒーの場合、豆が問題ですね。

外れ率も結構高いのですが、残念ながらこのラウンジのコーヒーも例外ではありません

ビジネスコーナー

ラウンジの内部はそれほど混み合っている感じではないですが、それなりに人がいました。

中国の方も多いので、かなり大きな声で話す人がいるため気が休まらない、というところもあります。

喧騒を避けるために、何か良い場所がないかと内部を探していたところ、パソコンが置いてあるビジネスコーナーを発見しました。

インターネット回線の速度は、中国の会社にのため少しスピードが遅いと感じることもありますが、概ね良好でした。

外に出ても免税店の価格と品揃えも全く魅力がないため、搭乗までのしばらくの間の時間つぶしとして、このMacintoshのパソコン(imac)を利用して、インターネットサーフィンをしながら、先ほどいただいてきたコーラやポテトチップス、ピーナッツなどを楽しんで時間をつぶします。

 

ネットサーフィンの際に、Google検索が使えないのが、中国って感じがしますね。

全体的な感想

正直なところ、香港のキャセイパシフィック航空ラウンジや、他国に設置されているキャセイパシフィック航空ラウンジと比較してしまうと、かなり見劣りする面は否めません。

しかしながら、自社で海外にラウンジ設置する点は、評価に値すると思います。

一方で、浦東空港の飲食店では、客層が客層なため、搭乗までの時間にゆっくりと休むということは難しいです。

それを考えると、ある程度客層を絞った上で利用できるラウンジがあることは大変ありがたく、今後もキャセイパシフィック航空を利用して上海に行く際には、利用したいラウンジだと思います。

飲食物については正直イマイチな点が多いため、これであれば機内食の方がいいかなーと思うところもあります。

2018年10月から改装に入り、2019年に再オープン予定との頃ですので、どんなラウンジになるか期待しましょう!

海外旅行に行く予定の方、現地で使用するWi-fiのレンタル予約はお済みですか? こちらの記事では、海外で簡単に使えて、返却も空港のポストに入れるだけのイモトのWi-Fiを紹介しています。

イモトのWi-Fiをレンタルして、海外旅行中も快適なインターネット環境 | 空港で借りて返す、設定は簡単、携帯電話のローミングより安い

2019年1月17日

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
もし、今回の記事を気に入っていただければ、下の方にあるTwitterのフォローをお願いいたします。
記事にする前の最新情報や、ビジネスに役立つ情報なども呟いています。

The following two tabs change content below.

abi

香港駐在外資系企業超ビジネスマン。 高校中退→フリーター→専門学校、大学卒業→大企業を転々とし、外資系企業に就職→飛行機で世界を飛び回り、マイル貯めまくり。 資格取得は17個、中小企業診断士、AFP等。 旅行と読書でインプット。 MBA筑波大学大学院(GSSM)中退。
スポンサードリンク