香港国際空港のキャセイラウンジThe Wing(ザ・ウィング)ビジネスクラスラウンジを紹介 | 名物のヌードルバー、その他ミールも充実の内容、人は多めで混雑度高

スポンサードリンク




香港でキャセイラウンジを利用する予定の方はいませんか?

今回は、ファーストクラスラウンジで有名なThe Wing(ザ・ウィング)のビジネスクラスラウンジに興味はありませんか?

搭乗口が1桁の番号くらいで、一番近いキャセイラウンジを知りたいですか?

こんにちは、abiです。

今回は、香港国際空港のキャセイラウンジの中で、ビジネスクラスラウンジのThe Wing(ザ・ウィング)について紹介します。

本拠地となる香港では圧倒的な高評価を誇るキャセイパシフィック航空のラウンジですが、その期待を裏切りません。

スポンサードリンク




The Wing ビジネスクラスラウンジの場所

The Wingは1〜4番搭乗口の近くにありますので、案内掲示を参考にしながら、保安検査後は1〜4番ゲートを目指して歩きます。

上の写真が入口で、入ってすぐに待っている係の方に、ラウンジインビテーションを渡すか、チケットを提示します。

キャセイ便で事前にステータスを登録していれば、ラウンジインビテーションが特別な手続き無しでチェックインの時に発行されます。

JAL便利用などの場合はラウンジインビテーションは発行されません

基本的にはチケットに記載されているステータスを見て利用許可がされます。

そのため、必要ないことが多いですが、念の為ステータスカードも持っておいたほうがいいでしょう。

ラウンジの利用資格としては、キャセイを含むワンワールド加盟会社便を利用する方で、ファーストクラスやビジネスクラスを利用する方、またはマルコ・ポーロのシルバー会員以上かワンワールドサファイア以上のステータスを持つ会員です。

JALの場合はJGC会員やサファイアステータスの場合に、このラウンジを利用することができます。

航空会社のステータスの概要とJALのJGC会員については、下記の記事をご覧ください。

”JGC”(JALグローバルクラブ)の解説|JALおよびワンワールドサファイアの上級会員ステータスを毎年継続、家族会員もステータス付与

2018年10月9日

ステータスとは | ステータス保有者によるJAL、ANAのステータスの解説、取得方法、使って実感したメリットと特典

2018年10月3日

また、現在ワンワールドのステータスを持っていない方も、キャセイパシフィック航空はステータスマッチを受け付けているので、ANAや他のステータスを持っている方は、キャセイまたはワンワールド便の搭乗前に、ステータスマッチを試してみてはどうでしょうか。

ステータスマッチとは | 期間限定で他社のステータスをゲットできる、スターアライアンスゴールドやワンワールドのステータス

2018年12月3日

キャセイパシフィック航空のステータスマッチで香港のラウンジ利用 | ANAやデルタなどからマッチして、マルコ・ポーロクラブのシルバーを貰おう

2018年10月18日

The Wingラウンジの内観

受付を抜けて、ラウンジの内部に進みます。

一回部分にも上の写真のような休憩スペースが少し設けられていますが、メインは一つ上のフロアになります。

階段を登って、上のフロアに移動します。

メインになるフロアの様子です。

まだ空席は多少あるので座れないことはないですが、結構な混み具合です。

もう少し引いた感じで画像を紹介しますが、やはりかなり混んでいる印象ですね。

少し中心から外れた方になると、パラパラと空席があります。

ファシリティの色は、おなじみのキャセイのラウンジという感じです。

悪く言えば面白みがないのですが、世界中どこでも同じような配色のため、よく利用する人にとってはホームのような安心感があっていいなと感じます。

このような案内表示で、どちらに何があるかを示しています。

コーヒーロフトとヌードルバーがあるようです。

The Wingのコーヒーロフト

The Wingでは、コーヒーロフトで飲み物とデザートを提供しています。

後に紹介するヌードルバーで食事を取れますので、ここは食前に軽く飲み物をいただくか、食後のコーヒータイムでの利用が良さそうな場所です。

上の画像のように少しずつのテーブルと椅子があり、奥の方にはフリーで使えるPCが数台用意してあるという感じのところです。

使えるPCはiMacのようです。

どこのキャセイラウンジに行っても、置いてあるのはMacのような気がします。

Macユーザーの私からすると、慣れたのを使えるので嬉しいです。

コーヒーロフトでは、こちらのカウンターに居る係の方に注文を伝えて、オーダーします。

キャセイで有名なノンアルコールカクテルのキャセイディライトや、コーヒー、その他アルコール飲料なども豊富に用意しています。

ラウンジで提供されるキャセイディライトとハーゲンダッツ

また、ハーゲンダッツのアイスクリームも提供しており、好みの味を伝えると出してくれます。

味の種類は、バニラ、チョコレート、ストロベリー、コーヒー、の4種類です。

お茶請けのお菓子や、軽いパンなども提供しています。

The Wingの飲み物の提供内容

かなり充実しているコーヒーロフトですが、フロアで提供している飲み物もかなり充実しています。

一通りのノンアルコール飲料とコーヒーマシンがあることに加え、フレッシュジュースもあります。

アルコールを飲む人は香港ビールも楽しめます。

The Wingで提供している飲み物一覧
  1. ソフトドリンク(缶飲料)
  2. ソフトドリンク(ジュースなど)
  3. コーヒーマシン
  4. 香港ビール

ソフトドリンク(缶飲料)

コカコーラや炭酸水、シュウェップスの炭酸系飲料などがあります。

ちょっとしたデザートも、同じ冷蔵庫に入っています。

ソフトドリンク(ジュースなど)

缶飲料の下の方にあるスペースに、ミルク、お水、フルーツジュースなどを提供しています。

グラスに移して、いただくことができます。

コーヒーマシン

コーヒーもマシン式でいただくことができます。

味の方は、良くも悪くも普通のコーヒーですが、アメリカンなど薄めのメニューから、エスプレッソなどの濃いものまで選択できるのが嬉しいです。

まぁ、できればコーヒーロフトでいただきたいですね。

マシンで抽出しているのかもしれませんが、なんとなく人が出してくれたほうが美味しく感じます。

香港ビール

これは結構珍しいのではないかと思います。

町中のレストランなどでビールを頼むときは、青島や朝日、キリン、サンミゲルやその他外国のビールなどが多いので、ちょっと興味がわきました。

このラウンジに行かれる方は、旅の記念に是非、試してほしいです。

The Wingのビュッフェ形式の食事の提供内容

メインメニューは次に紹介するヌードルバーがおすすめですが、それ以外にも通常のビュッフェ形式の食事も提供しています。

上の写真にあるように、パンが複数種類提供されている他、ホットミールが数種類用意されています。

この鍋には、コーンクリームスープが用意されていました。

パンに良く合いそうですね。

グリーンカレー(チキン)とライスです。

急にタイ飯でした。

ズッキーニのトマト煮でしょうか。

トマト系のパスタです。

ヌードルバーの方に中華メニューが集まっているので、こちらのフロアのビュッフェは洋食中心でまとめているようです。

The Wingのヌードルバー

キャセイの名物の一つと言えるヌードルバーです。

メニューを確認したところ、以下の内容でした。

    The Wingのヌードルバーのメニュー一覧
    • 担担麺
    • ワンタン麺
    • 野菜ラーメン
    • 魚団子スープ麺
    • チャーシュー饅
    • 饅頭
    • クリームカスタード饅

カウンターでオーダーした後、呼び出しボタンを受け取りますので、席を確保しに行きます。

混雑具合はなかなかですね。

奥の方は割と空席がありますので、そこに席を確保しました。

すぐに呼び出しボタンがピカピカと光って、完成をお知らせしていますので、カウンターに取りに行きます。

実際に食べたのは担担麺です。

麺が細いので、スープがしっかりと絡んできます。

量は少なめで半人前程度ですので、たくさん種類を試したい人にはちょうどいいかもしれません。

 

中に入っているネギとザーサイがアクセントになっていて、美味しいです。

飲み物も用意されています。

コーヒーマシンの横は、写真では分かりづらいのですが、よく見るとコーラなどのベンダーマシンが壁に埋め込まれています。

水のペットボトルが置かれている上の方の棚に見えるものが、実は埋め込まれたベンダーマシンです。

炭酸以外の飲み物も、当然用意されています。

補充される直前で寂しい感じですが、シューマイです。

このくらいになったらすぐに補充がされますので、安心してたくさん食べられます。

野菜炒め、れんこんときくらげと人参。

人参の切り方が豪快な感じですね。

 

ガッツリいきたい人向けに、チャーハン

フロアのビュッフェとは打って変わって中華オンリーな感じですが、なかなか満足度が高い内容でした。

The Wingビジネスクラスラウンジのまとめ

場所は搭乗口1〜4番の近くで、出国審査を出てすぐのため、立地が良い

その分、混雑もかなりある

フロアのビュッフェは洋食中心

ヌードルバーには麺類のほか、香港系、中華メニューがたくさん

食後の休憩はコーヒーロフトで、ハーゲンダッツやキャセイディライトがある

abi
ビジネスクラスラウンジでここまでレベルが高いのは、さすがキャセイ!

 

なお、香港国際空港には他にもいくつかのキャセイパシフィック航空のラウンジがあります。

以下の記事でそれぞれを紹介していますので、参考になればと思います。

まずは、世界的な評価も高いファーストクラスラウンジが2つ。

香港国際空港のキャセイパシフィック航空ファーストクラスラウンジ The Wingを完全解説

2018年11月10日

キャセイパシフィック航空の香港国際空港にあるファーストクラスラウンジ ザ・ピア(The Pier)の紹介 | 充実のレストラン、個室でくつろげるデイスイーツ、マッサージやスパも!

2018年10月23日

さらに、ビジネスクラスラウンジのThe Deck(ザ・デッキ)で、このラウンジは搭乗口18番付近にあります。

香港国際空港のキャセイラウンジ「The Deck(ザ・デッキ)」の紹介 | 名物のヌードルバー、シャンパンなど充実の内容

2018年11月4日

加えて、同じワンワールド加盟会社のラウンジで、カンタス航空のラウンジもあります。

香港国際空港のカンタス航空ラウンジのレポート | JAL指定ラウンジ、日本風カレーやポテトチップスがあり、香港麺もある、出発までくつろぐなら絶対にココ!

2018年2月16日

もし、これからキャセイ便で日本から香港に行こうかな、と思っている方がいれば、下記のキャセイ便利用の搭乗記も参考になりそうです。

CX527便に搭乗した感想は?機内食は?座席は快適? | 東京成田発香港行、キャセイパシフィック航空のエコノミークラス搭乗記

2018年11月28日

CX521便に搭乗した感想は?機内食は?A350の座席は快適? | 東京成田発香港行、キャセイパシフィック航空のプレミアムエコノミークラス搭乗記

2018年11月11日

CX451便に搭乗した感想は?機内食は美味しい?座席は快適? | 東京成田発台北経由香港行、キャセイパシフィック航空のエコノミークラス搭乗記

2018年10月31日

最後におまけとして、キャセイを含むワンワールド加盟会社のラウンジとの比較用に、香港国際空港のスターアライアンス加盟会社のラウンジを3つと、スカイチームラウンジを紹介した記事を記載します。

香港国際空港のユナイテッド航空ラウンジ ユナイテッドグラブの利用記 | オーソドックスな洋食、illyのコーヒーとペリエ、赤白ワインは複数提供

2018年11月30日

香港国際空港のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジの利用記 | タイカレーとポメロサラダ、レタス肉巻きのタイ飯、カラフルな内装

2018年11月30日

香港国際空港のシンガポール航空シルバークリスラウンジの利用記 | ラクサはオーダー式、混雑が厳しい、良いラウンジだけど落ち着けない

2018年11月30日

香港国際空港のスカイチームラウンジを初利用 | 中国東方&南方、大韓航空、デルタ航空などを香港で利用の際に

2018年2月18日
海外旅行に行く予定の方、現地で使用するWi-fiのレンタル予約はお済みですか? こちらの記事では、海外で簡単に使えて、返却も空港のポストに入れるだけのイモトのWi-Fiを紹介しています。

イモトのWi-Fiをレンタルして、海外旅行中も快適なインターネット環境 | 空港で借りて返す、設定は簡単、携帯電話のローミングより安い

2019年1月17日

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
もし、今回の記事を気に入っていただければ、下の方にあるTwitterのフォローをお願いいたします。
記事にする前の最新情報や、ビジネスに役立つ情報なども呟いています。

The following two tabs change content below.

abi

香港駐在外資系企業超ビジネスマン。 高校中退→フリーター→専門学校、大学卒業→大企業を転々とし、外資系企業に就職→飛行機で世界を飛び回り、マイル貯めまくり。 資格取得は17個、中小企業診断士、AFP等。 旅行と読書でインプット。 MBA筑波大学大学院(GSSM)中退。
スポンサードリンク