香港国際空港のシンガポール航空シルバークリスラウンジの利用記 | ラクサはオーダー式、混雑が厳しい、良いラウンジだけど落ち着けない

スポンサードリンク




こんにちは、abiです。

香港国際空港のラウンジといえば、キャセイパシフィック航空が有名です。

しかし、ANAを始めとするスターアライアンス利用者はどうしても、利用することができません。

そのため、今回はスターアライアンス利用者が利用できる香港国際空港のラウンジの、シンガポール航空クリスフライヤーラウンジを紹介します。

スポンサードリンク




香港国際空港内のシルバークリスラウンジの場所

香港国際空港は広い空港ですが、その中でも出国審査からほど近い15番ゲート付近にあります。

このゲート付近にはスカイチームのラウンジや、キャセイパシフィック航空のThe Deck(ザ・デッキ)というラウンジ、カンタス航空のラウンジなどがあります。

これらのラウンジはスターアライアンスでは利用できませんが、ラウンジの比較のために、紹介した記事を下記に記載します。

香港国際空港のキャセイラウンジ「The Deck(ザ・デッキ)」の紹介 | 名物のヌードルバー、シャンパンなど充実の内容

2018年11月4日

香港国際空港のスカイチームラウンジを初利用 | 中国東方&南方、大韓航空、デルタ航空などを香港で利用の際に

2018年2月18日

香港国際空港のカンタス航空ラウンジのレポート | JAL指定ラウンジ、日本風カレーやポテトチップスがあり、香港麺もある、出発までくつろぐなら絶対にココ!

2018年2月16日

シルバークリスラウンジの利用資格

シルバークリスラウンジを利用するには、シンガポール航空やANAなどのスターアライアンス加盟会社便を利用する方で、ビジネスクラスやファーストクラスを利用する方、エコノミークラスの利用でもスターアライアンスゴールド以上のステータスがあれば利用可能です。

ANAのステータスの場合は、プラチナステータスやスーパーフライヤーズカード会員であれば、利用可能です。

ステータスと、スーパーフライヤーズカード会員については、下記の記事で紹介しています。

スーパーフライヤーズカード(SFC)でずっとANA上級会員に。使って実感した特典とメリットを解説

2018年10月12日

ステータスとは | ステータス保有者によるJAL、ANAのステータスの解説、取得方法、使って実感したメリットと特典

2018年10月3日

シルバークリスラウンジの内観

内観はこのように、落ち着いた色合いの作りになっています。

オリエンタルな感じの造り、といえばいいのでしょうか。

変な派手さがなく、疲れない感じです。

入口を入ってすぐのところには小さなスペースが有り、そこが一番落ち着ける場所かな、と思いました。

比較的席数が少ない場所なので、席が空いていれば、食事を済ませた上で、ここで出発までゆっくりできそうです。

上で紹介した場所以外のところは、とても混雑しています

正直、座るところを探すのも大変でした。

人混みを避けてゆっくりとしたいという方は、他のスターアライアンス加盟会社ラウンジを利用することをおすすめします。

香港国際空港には、スターアライアンス加盟会社のラウンジが合計で3つあります。

1つはこの記事で紹介しているシンガポール航空のシルバークリスラウンジ。

他には、香港国際空港のスターアライアンスラウンジで最も人が少なくてくつろげる、タイ飯が美味しい、タイ航空のロイヤルオーキッドラウンジ。

香港国際空港のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジの利用記 | タイカレーとポメロサラダ、レタス肉巻きのタイ飯、カラフルな内装

2018年11月30日

アメリカのユナイテッド航空のラウンジで、illyのコーヒーと炭酸水ペリエ、オーソドックスな洋食がオススメのユナイテッドクラブがあります。

香港国際空港のユナイテッド航空ラウンジ ユナイテッドグラブの利用記 | オーソドックスな洋食、illyのコーヒーとペリエ、赤白ワインは複数提供

2018年11月30日

提供されている飲み物

マシン式のコーヒー。

味はなかなかなので、それなりの豆を使用しているんだと思います。

缶飲料もそれなりに種類を揃えていました。

やや補充がめんどくさそうな作りですが、比較的係の人がラウンジ内をこまめに回っているので、問題ないのでしょう。

入口を入ってすぐの小さな休憩スペースに置いてありました。

水は機内に持っていっていい前提なのでしょうかね。

ちなみに、アルコール飲料も入口を入って少し進んだところにあるバーカウンターで注文して、いただくことができると思います。

しかし、バーカウンターですら混雑がひどく、ちょっと近寄りがたい感じでした。

(なのでメニュー未確認)

提供されている食事

ビュッフェスペースも混雑しており、ちょっと写真を取りづらいので、余り多く紹介できていません。

上記はサラダですが、それなりに野菜の種類もあるので、これは結構いいなと思いました。

その他にはホットミールが数種類、スープなどがあります。

反対側のエリアにはもう少し惣菜的な食べ物とアイスなどもありました。

飛び抜けていいものが食べられるわけではありませんが、ビジネスクラスラウンジとしては十分かな、という印象です。

提供されているオーダー式のラクサ

提供されている食事の中で特徴的だったものは、こちらの2品です。

ワンタンヌードルとラクサです。

ワンタンヌードルは香港名物の一つであり、ラクサはシンガポールの名物の一つですね。

こちらの麺類は、ラウンジを巡回している係の方に直接オーダーをする必要があります。

オーダーをすると、ファーストフード店のような番号が書いてある待合札を渡されます。

着席して、その札を見えるところに置いて、係の方が運んできてくれるのを待ちます。

こちらが注文したラクサです!

画像で見ると凄い美味しそう!!

割り箸の袋にさり気なくシンガポール航空のロゴが入っていて、おしゃれです。

お味の方は、良い意味でまずまずです。

飛び抜けて美味しいってわけじゃないですが、ココナッツがよく効いていて、海外旅行気分を盛り上げてくれること間違いなしです。

ちなみに、右上に写っているのがこのラウンジで提供されているアイスクリームですが、これが美味しかったです。

パンナコッタ味のアイスクリーム。

香港国際空港のシンガポール航空クリスフライヤーラウンジのまとめ

15番ゲート付近でアクセス良好

その分、混雑具合は香港のラウンジでもNo.1かも

飲み物はバーカウンターで

食事は一通り揃っている

ラクサとワンタンヌードルはオーダーで

アイスクリームがオススメ

海外旅行に行く予定の方、現地で使用するWi-fiのレンタル予約はお済みですか? こちらの記事では、海外で簡単に使えて、返却も空港のポストに入れるだけのイモトのWi-Fiを紹介しています。

イモトのWi-Fiをレンタルして、海外旅行中も快適なインターネット環境 | 空港で借りて返す、設定は簡単、携帯電話のローミングより安い

2019年1月17日

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
もし、今回の記事を気に入っていただければ、下の方にあるTwitterのフォローをお願いいたします。
記事にする前の最新情報や、ビジネスに役立つ情報なども呟いています。

The following two tabs change content below.

abi

香港駐在外資系企業超ビジネスマン。 高校中退→フリーター→専門学校、大学卒業→大企業を転々とし、外資系企業に就職→飛行機で世界を飛び回り、マイル貯めまくり。 資格取得は17個、中小企業診断士、AFP等。 旅行と読書でインプット。 MBA筑波大学大学院(GSSM)中退。
スポンサードリンク