アジア各国のキャセイパシフィック航空ラウンジ特集 | 香港、シンガポール、フィリピン、中国、台湾、日本など各地のキャセイラウンジの紹介

スポンサードリンク




abi
突然ですが、キャセイパシフィック航空のラウンジって、香港や日本以外で利用したことはありますか?

こんにちは、abiです。

今回は、僕が利用したいくつかの国のキャセイパシフィック航空のラウンジについて、取り上げたいと思います。

キャセイパシフィック航空はワンワールド加盟会社ですが、各国に自社ラウンジを設置しています。

JALが比較的限られた国でしか自社ラウンジを運営していないのに比べれば、かなり幅広く展開しています。

いずれの国でも、キャセイのいいところをそのままにした上で、各国での特徴を出したラウンジを運営しているので、訪問するのが楽しいです。

では、各国のキャセイラウンジについて、紹介します。

この記事で紹介しているキャセイパシフィック航空ラウンジの一覧
  • 香港
  • 日本(成田)
  • 台北(桃園)
  • シンガポール
  • マレーシア(クアラルンプール)
  • 中国(上海)
  • フィリピン(マニラ)
スポンサードリンク




香港のキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介

まずは、なんと言ってもキャセイパシフィック航空のお膝元の香港です。

香港ではビジネスクラスラウンジを3つ、ファーストクラスラウンジを2つ設置しています。

今回は、ファーストクラスラウンジを2つと、ビジネスクラスラウンジを1つ紹介します。

この記事で紹介する、香港のキャセイパシフィック航空ラウンジ
  1. ファーストクラスラウンジのThe Wing(ザ・ウィング)
  2. ファーストクラスラウンジのThe Pier(ザ・ピア)
  3. ビジネスクラスラウンジのThe Deck(ザ・デッキ)
  4. 既に閉鎖済みのアライバルラウンジThe Arrival(ザ・アライバル)

ファーストクラスラウンジのThe Wing(ザ・ウィング)

まずは、ファーストクラスラウンジのThe Wing(ザ・ウィング)です。

このラウンジで有名な設備は、なんと言ってもカヴァナというお風呂です。

シャワーじゃありません、空港でお風呂です。

その他にも、厳選されたシャンパーニュが楽しめる「シャンパンバー」

ラウンジとは思えない程の、オーダー形式のレストラン「ザ・ヘイブン」

などがあります。

このラウンジについて、詳細なラウンジの紹介は下記の記事で行っていますので、ご覧ください。

香港国際空港のキャセイパシフィック航空ファーストクラスラウンジ The Wingを完全解説

2018年11月10日

ファーストクラスラウンジのThe Pier(ザ・ピア)

続いて、同じくファーストクラスラウンジのThe Pier(ザ・ピア)です。

こちらのラウンジの特徴は、マッサージとスパですが、残念ながらこれは4時間から5時間の待ち時間があるので、まだ体験したことはありません。

しかし、それ以外にも特徴的なものとして、

先に紹介したThe Wingよりも広々してメニュー数も豊富なレストラン

カーテンで仕切られた個室でお昼寝ができる、デイスイーツ

などがあります。

このラウンジの詳細な紹介は下記の記事で行っていますので、ご覧ください。

キャセイパシフィック航空の香港国際空港にあるファーストクラスラウンジ ザ・ピア(The Pier)の紹介 | 充実のレストラン、個室でくつろげるデイスイーツ、マッサージやスパも!

2018年10月23日

ビジネスクラスラウンジのThe Deck(ザ・デッキ)

続いて、ビジネスクラスラウンジのThe Deck(ザ・デッキ)です。

こちらのラウンジの特徴は、なんと言ってもヌードルバーでしょう。

名物のワンタン麺や担担麺、点心メニューが食べられます。

香港出発前の思い出には最適ですね。

詳細なラウンジの紹介は下記の記事で行っていますので、ご覧ください。

香港国際空港のキャセイラウンジ「The Deck(ザ・デッキ)」の紹介 | 名物のヌードルバー、シャンパンなど充実の内容

2018年11月4日

既に閉鎖済みのアライバルラウンジThe Arrival(ザ・アライバル)

最後に、こちらは既に閉鎖済みですが、以前まで存在していたアライバルラウンジのThe Arrival(ザ・アライバル)です。

正直なところ、先に紹介したハイレベルな香港のキャセイパシフィック航空のラウンジと比較するとかなり微妙な内容でした。

どんなところだったのか興味がある方は、下記の記事で紹介していますので、ご覧ください。

香港国際空港のキャセイパシフィック航空のアライバルラウンジ The Arrival(ザ・アライバル) | 残念ながら閉鎖されましたので、過去の履歴として紹介

2018年11月10日

日本のキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介

続いて、日本にあるキャセイパシフィック航空ラウンジを紹介します。

首都圏にある空港だと、羽田と成田にキャセイパシフィック航空ラウンジはあります。

ただ、現在のところ、成田しか使ったことがありませんので、成田のみの紹介です。

成田のキャセイラウンジの目玉は2つあり、1つ目は3種類のハーゲンダッツが食べられることです。

バニラだけでなく、ラムレーズンとグリーンティーがあります。

2つ目として、ビールを挙げます。

通常の生ビールだけでなく、黒ビールが味わえます!

詳細なラウンジの紹介は下記の記事で行っていますので、ご覧ください。

成田空港のキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介 | ハーゲンダッツが食べ放題、お味噌汁とカップ麺、黒ビール、人少なめで落ち着ける

2018年11月11日

羽田空港の方にはヌードルバーがあり、そこでは担々麺が食べられたり、フレンチトーストが食べられるとの情報があります。

いずれ利用した際には情報を追加します。

台北桃園のキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介

台北桃園空港にも、自社のラウンジがあります。

このラウンジにはヌードルバーがあり、香港スタイルだけでなく、台湾スタイルの食事もいただけます。

しかも、味がかなりいいです。

日本人には人気の台湾旅行や台湾フードですが、理由がわかる気がします。

ラウンジの詳細な紹介は、下記の記事で行っていますので、ご覧ください。

台北桃園空港のキャセイパシフィック航空ラウンジに大満足! | ヌードルバーで台湾飯、バーのドリンクメニューも大充実

2018年9月6日

シンガポールのキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介

シンガポールのチャンギ空港では、新しくできた第4ターミナルを利用しています。

そこにあるのがシンガポールのキャセイパシフィック航空ラウンジです。

写真にあるように、ヌードルバーもあり、そこではシンガポールの名物の一つになっているラクサも提供されています。

さらに、置いてあるスパークリングワインが、シャンパンのモエ・エ・シャンドンだったりと、かなりレベルの高いラウンジでした。

詳細なラウンジの紹介は、下記の記事で行っていますので、ご覧ください。

シンガポールのチャンギ空港にあるキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介 | ラクサがあるよ!モエもあるよ!雰囲気抜群!

2018年11月10日

マレーシア・クアラルンプールのキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介

クアラルンプールでは、同じワンワールド加盟会社のマレーシア航空のゴールデンラウンジが有名です。

しかし、この地においてもキャセイパシフィック航空は自社ラウンジを運営しています。

ヌードルバーもなく、特徴的なものはありませんでしたが、スタンダードなラウンジとしては十分な内容でした。

詳細なラウンジの紹介は、下記の記事で行っていますので、ご覧ください。

クアラルンプールのキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介 | 内観、飲み物、食べ物などスタンダードなラウンジ

2018年11月10日

中国上海のキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介

香港の隣(と言っていいのか?)の、中国上海でも自社ラウンジを運営しています。

ヌードルバーはありませんが、オーダー式の麺があります。

また、それなりに飲み物や食べ物が用意されていて、平均的なラウンジと言えます。

利点としては、中国本土の人が利用している人数が少ないというところにあります。

そのため、中国でいながら、かなり落ち着いた空間を保っているのが特徴です。

ラウンジの詳細な紹介は、下記の記事で行っていますので、ご覧ください。

※2018年10月から改装中

上海浦東空港にあるキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介 | 居心地は?食べ物は?飲み物は?おすすめポイントはある?

2018年11月10日

フィリピン・マニラのキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介

フィリピンのマニラにあるニノイ・アキノ国際空港ですが、ここにもキャセイパシフィック航空の自社ラウンジがあります。

このラウンジにはヌードルバーもあり、メニューにはフィリピン料理のアドボがあり、旅の締めくくりには楽しいラウンジです。

また、バーカウンターでは各種ドリンクを注文できますが、アルコールだけでなく、ノンアルコールのカクテルなども充実しており、かなり高い評価をできるラウンジです。

詳細なラウンジの紹介は、下記の記事で行っていますので、ご覧ください。

フィリピンマニラのニノイ・アキノ国際空港にあるキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介 | 香港の麺と点心もあるけど、おすすめはフィリピン料理のアドボ!

2018年11月10日

アジア各国のキャセイパシフィック航空ラウンジの紹介 まとめ

過去に僕が行ったことのある、キャセイパシフィック航空ラウンジについて取り上げました。

アジア各国を回るついでに、気づけばこんなにたくさんのキャセイパシフィック航空ラウンジを利用していたのはびっくりしました。

さて、最後に、これまでに利用したキャセイパシフィック航空ラウンジの満足度ランキングを付けたいと思います!

アジア各国のキャセイパシフィック航空ラウンジの満足度ランキング

ランキングは、利用して楽しかった、印象に残ったキャセイパシフィック航空ラウンジを、abiの主観だけで決めています。

アジア各国のキャセイパシフィック航空ラウンジのランキング by abi
  1. 香港
  2. マニラ
  3. 台北
  4. シンガポール

順位が4位までと中途半端ですみません。。。

おそらく、羽田を利用すれば、羽田が4位か5位になると思います。

この記事の最後として、順位付けの理由を以下に記載します。

香港=ラウンジが複数あり、それぞれに楽しめる。食べ物と飲み物のレベルが高い。ファーストクラスラウンジもある。

マニラ=食べ物のレベルも高いし、バーカウンターのメニューも豊富。なにより働いている人が親切だった。

台北=食べ物が抜群に美味しかった。

シンガポール=食べ物も美味しいし、飲み物も質が高かった。

abi
みんなもぜひ、各地のラウンジを回って体験してみてね!
海外旅行に行く予定の方、現地で使用するWi-fiのレンタル予約はお済みですか? こちらの記事では、海外で簡単に使えて、返却も空港のポストに入れるだけのイモトのWi-Fiを紹介しています。

イモトのWi-Fiをレンタルして、海外旅行中も快適なインターネット環境 | 空港で借りて返す、設定は簡単、携帯電話のローミングより安い

2019年1月17日

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
もし、今回の記事を気に入っていただければ、下の方にあるTwitterのフォローをお願いいたします。
記事にする前の最新情報や、ビジネスに役立つ情報なども呟いています。

The following two tabs change content below.

abi

香港駐在外資系企業超ビジネスマン。 高校中退→フリーター→専門学校、大学卒業→大企業を転々とし、外資系企業に就職→飛行機で世界を飛び回り、マイル貯めまくり。 資格取得は17個、中小企業診断士、AFP等。 旅行と読書でインプット。 MBA筑波大学大学院(GSSM)中退。
スポンサードリンク