成田空港JALファーストクラスラウンジの完全解説 | 国内最高のラウンジで靴磨き、お寿司、お酒のツマミはドライ納豆、ノンアルコールのシャンパンも

スポンサードリンク




部下
先日、初めてJALのサクララウンジに行ったのですが、とても良かったです!
上司
ふむ。
しかし、世の中にはまだ上があるぞ。

JALにはサクララウンジの他にファーストクラスラウンジというものがある。

部下
どんなところなのか気になりますねー。

こんにちは、abiです。

空港のラウンジにはビジネスクラスラウンジの他に、ファーストクラスラウンジというものがあるのをご存知ですか?

この記事では、成田空港第2ターミナル本館にある、日本航空(JAL)のファーストクラスラウンジを紹介します。

まだ行ったことがない人、これから行く予定の人、行った経験はあるけどラウンジの内容を思い出したい人は、必見です。

この記事を読んでわかること
  • 成田のJALファーストクラスラウンジの内観と全体像
  • 提供している飲み物
  • 提供しているおつまみ
  • 提供している食事
  • お寿司のサービス
  • 靴磨きのサービス など

なお、ビジネスクラスラウンジにあたるサクララウンジについては、こちらの記事で紹介していますので、御覧ください。

ファーストクラスラウンジと比較すると可愛そうですが、それでも世界でもトップクラスのサービスと内容を誇るビジネスクラスラウンジです。

成田空港第2ターミナル本館の国際線JALサクララウンジの紹介 | JALカレー、各種ドリンク、くつろげるスペースに加え、子連れに嬉しいキッズルームあり

2018年10月28日
スポンサードリンク




ファーストクラスラウンジの利用条件

ファーストクラスラウンジは、どのような人が利用できるのかを説明します。

名前はファーストクラスラウンジですが、ファーストクラスを利用する以外の人も利用できます。

エコノミークラスなどに乗る場合でも、一定の条件を満たせば、利用することができます

ファーストクラスラウンジを利用できる人の条件

JALを含むワンワールド便を利用する方で、以下のいずれかの条件を満たす人

  1. ファーストクラスに搭乗する
  2. JALのステータスで「ダイヤモンド」または「JGCプレミア」資格がある
  3. ワンワールド加盟会社のステータスで「エメラルド」資格がある
abi
ANAにはJGCプレミアと同等のステータスが存在しないよ。

JALならダイヤモンドに少し届かないくても、JGCプレミアステータスを獲得して、ファーストクラスラウンジを使えるのは嬉しいね。

成田空港第2ターミナル本館のJALファーストクラスラウンジの場所

JALのファーストクラスラウンジは、サクララウンジの場所と同じ入口から入ります。

具体的な場所としては、第2ターミナルの61番出口の近くにあります。

ファーストクラスラウンジを利用できるということは何らかのステータスがあるということですが、ステータスを持っている人が利用できる保安検査「プライオリティレーン」を通ってきた場合は、出国検査を抜けてから2〜3分程度歩く距離にあります。

ファーストクラスラウンジの受付方法

先に書いたとおり、入り口が同じなので、受付カウンターもサクララウンジと共通で利用できます。

自動ドアを入ってすぐの受付カウンターで待ち構えている係の方に、チケットを提示することで、利用資格がある人はファーストクラスラウンジ側へ案内されます。

なお、自動ドアを入ってすぐの受付カウンターではなく、その左側に進んで行った先に用意されているファーストクラスラウンジ用のカウンターでも、受付することが可能です。

いつも声をかけてくれるので共通のカウンターに行きますが、慣れている人は最初から左側に進んだ先にあるファーストクラスラウンジのカウンターで受付するのもいいかもしれませんね。

荷物収納用のロッカー

JALのラウンジには、荷物を収納できる無料のコインロッカーが設置されています。

お持ちのカバンや免税品で買ったお土産など、ラウンジで心地よくくつろぐために、ロッカーに収納するのが便利です。

施錠も可能ですので、セキュリティ的にも安心です。

ファーストクラスラウンジの内観

コインロッカーに荷物を預けて先に進みます。

すると、その先にラウンジ設置されているテーブルと椅子が見えてきます。

中はこのように多少照明を落として、落ち着いた配色のテーブルを椅子が設置されています。

向かって右側には窓があり、明るいスペースとなっています。

この明るいスペースがダイニングエリアとなっており、ビュッフェ形式の食事や、この後に紹介するお寿司のサービスを楽しむための場所です。

ダイニングエリアの窓からは、ちょうどJALの飛行機も見えます。

飛行機を見ながらおいしい食事とお酒を楽しむのが、ファーストクラスラウンジ流です。

お酒の種類もこの後に紹介しますが、素晴らしいラインナップと品質ですよ。

向かって左の一番奥側には喫煙室が、区切られたスペースで用意されています。

いつも肩身が狭い喫煙者には、嬉しいですね。

ファーストクラスラウンジで提供されている飲み物

サクララウンジでも数多くの種類の飲み物が提供されていましたが、ファーストクラスラウンジではさらに選択肢が増えて、質も上がります

しかも、一つ一つの品質が本当に素晴らしいものばかりです。

お酒が好きな方なら、1日中でもここにいたいと思えるでしょう。

ファーストクラスラウンジで提供しているアルコール飲料
  • シャンパン ロンバール
  • 白ワイン フランスのマコン・ヴェルゼ
  • 赤ワイン スペインのペスケラ・クリアンサ
  • 生ビール サーバー
  • 日本酒 3種類
  • 梅酒 山崎蒸留所貯蔵
  • 各種リキュール
  • ウィスキー数種類 響、バランタインなど含む
  • ブランデー レミーマルタン
  • 焼酎 芋、麦

シャンパンのロンバールと、白ワインのマコン・ヴェルゼ

ロンバールは軽やかな香りで、飲むとフルーティだけどドライで心地よい泡が感じられる、というものでした。

マコン・ヴェルゼはそれほど強く香りは立たないものの、さっぱりとした軽めの酸とフルーティさが感じられ、長めの余韻があります。

バランスの良い白ワイン、という感想でした。

赤ワインはスペインのペスケラ・クリアンサ

黒ベリー系の果実と樽の香りがするワインで、飲むと渋みと果実味がぐっと前に出てくる印象です。

重すぎないので、飲み疲れしにくいワインかな、という印象です。

山崎蒸留所貯蔵の梅酒、気になります。

ベイリーズのような甘いお酒や、カンパリ、チンザノ、スミノフなど、リキュールも多数。

シーバスリーガルやバランタイン17年、バーボンウイスキーのワイルドターキーもあります。

ブランデーのレミーマルタンも一番右側に。

今では入手困難なほど人気が高まっているジャパニーズウイスキーの響、焼酎などもあります。

ジュースサーバーの横にはビールサーバーが設置されています。

隣の冷蔵庫から冷えたクラスを取って、サーバーにセットしてスイッチオンするだけ。

銘柄はスーパードライプレミアムでした。

なお、「ローラン・ペリエ」というシャンパンは、成田のファーストクラスラウンジでも、サテライト側のファーストクラスラウンジのみで提供となっています。

どうしてもローラン・ペリエを飲みたい!という方は、サテライト側を利用するか、またはこの記事で紹介している本館側のファーストクラスラウンジにしか存在しないサービス(お寿司や靴磨き)を受けた後、サテライト側に移動しましょう。

ビュッフェによる食事やローラン・ペリエを除く飲み物は、本館でもサテライトでも変わりません。

また、サテライト側のほうが、若干空いているというメリットもあります。

ノンアルコール飲料も数多く取り揃えており、コーラやお茶、オレンジジュースやりんごジュース、ポカリスエットにスカイタイム、炭酸水や牛乳など、本当に一通りのものがあります。

ジュースも何種類も用意されている他、たくさんのビールグラスが使われるのを待ち構えています。

下の段には牛乳やペリエ、烏龍茶やアイスティーなどもあります。

右下の方にあるのはトニックウォーターで、アルコールの割物としても準備に抜かりがありません。

温かい飲み物として、マシンで提供するコーヒー、ティーパックや粉末で提供する紅茶などもあります。

さらに、ノンアルコール飲料の中でも、一つ特徴的なものが置いてありましたので、紹介します。

アルコール0.00%のシャンパン風飲料、「OPIA(オピア)」というもので、シャルドネというシャンパンや白ワインに使われるぶどうで作った、スパークリングのノンアルコールワインです。

炭酸ブドウジュース?と思う方もいるかと思いますが、味はジュースとは違い、シャンパンのようにキリッとした酸味と果実味、心地よい炭酸が食事にとても合うでしょう。

あとで調べたのですが、1本1,500円程度で市販されているものですので、早速注文をしました。

接待の際にお酒が飲めないお客さんがいて、いつも気を使われているのを見ていましたので、次回同席の際にはこれを持参しようと思いました。

お酒の飲めない方が接待の場で口にするのに、まさにピッタリの一品です。

それもそのはず、この写真に収めたフライヤーに記載されているように、2017年に行われたノーベル賞の授賞式の晩餐会で提供されたとのことです。

試しにフルートグラスに注いで、窓の風景と共に一枚撮ってみました。

泡の感じが伝わりづらい画像ですが、見た目はシャンパンです。

味もアルコールがないだけで、シャンパンにかなり近いです。

ファーストクラスラウンジで提供されているおつまみ

食事を紹介する前に、提供されているおつまみについて、紹介しましょう。

サクララウンジでも数種類のおつまみが提供されていましたが、ファーストクラスラウンジでは、さらにその質が上がります

ファーストクラスラウンジで提供しているおつまみ
  • クラッカー
  • 柿の種
  • ドライ納豆
  • キャンディ
  • キットカットミニ
  • カレボーミルクチョコレート
  • ヘーゼルナッツクッキー

特にオススメは「ドライ納豆」です。

このラウンジを利用するということは、これから海外に出ようということですが、海外ではなかなか納豆を食べる機会が少ないので、出発前にここで納豆の補給はいかがでしょうか。

味は、粘りこそないものの、完全に納豆です。納豆好きにはたまらない逸品です。

手前に置かれているスプーンを使い、豪快にガサッと取って、皿に盛りましょう。

もし、お土産に買いたい!と思った場合は、搭乗口近くの売店(JALUX)を覗いてみましょう。

小分けになった20袋入りで1,300円くらいで販売されています。

ファーストクラスラウンジで提供されている食事

このラウンジでは、様々な食事も用意されており、ビュッフェ形式で食べることができます。

上の写真のようにサラダとJALカレー、シャンパンの組み合わせを、窓の外の飛行機を見ながら、なんていかがでしょうか。

(個人的にはシャンパンとカレーは合わないと思います、そして上の写真は先に紹介したノンアルコールのシャンパンです)

では、提供されている食事の内容について紹介します。

 

数種類のパンが提供されています。

これらのパンは普通のパンではなく、メゾンカイザーの天然酵母パンです!

 

プチ肉まんとシュウマイ、海老のトマトクリームパスタです。

 

一口サイズのチキンカツ、先程のカレーの写真に載せたように、チキンカツカレーとしてアレンジにも使えますし、単品でも食べられます。

和食には欠かせないお味噌汁も用意。

スープストックの中でも高い人気を誇っている、オマール海老のビスクが提供されています。

女子ウケが良さそうです。

それ以外にもきのこのチャウダーもあります。

少しつまめるもの、野菜スティックなど。

ジャンクな食べ物ばかりではなく、サラダバーもあります。

生野菜だけでなく、カットされたサラダチキンやサラダラップなどもあります。

ドレッシングも4種類用意されているのは嬉しいですね。

このラウンジで用意されている白米は、雪若丸という品種です。

2018年から発売となった山形産のお米で、つや姫の弟的な位置づけとのことです。

食感としては、つや姫よりも一粒の粒感が立っています。

粘りが強いと粒同士がくっつく感じになりますが、この雪若丸は一粒それぞれを感じる事ができるので、カレーライスにはこちらの品種のほうが合うのではないかと感じました。

お米の炊き方で、固めの炊きあがりが好みという方には好かれそうな品種ですね。

カレーに欠かせない福神漬やらっきょうも用意されています。

梅干しや大根漬けもあります。

わんこ的にうどんも用意されており、麺類を食べたい人のニーズにも答えることができます。

食後のデザートに、カットケーキやカットフルーツも用意されています。

寿司バーで出国前に日本の心を味わう

成田のファーストクラスラウンジといえば、そう、お寿司です。

目の前で職人さんが一つずつ握ってくれるので、できたてを食べることができます。

種類は週替りで、合計3種類のお寿司を食べることができます。

提供時間が7:30〜12:30、15:00〜20:00と決まっていますので注意してください。

初めて行くと少し戸惑いますので、簡単に流れを説明します。

まずは上の写真のように、寿司バーの看板のすぐとなり、職人さんの横辺りにあるトレーに、箸と醤油皿、紙おしぼりを用意します。

醤油皿にお醤油を入れて、準備ができたら職人さんの正面側に回っていきます。

並んでいる場合は、順番を待ちます。

そして、職人さんの前に立って、注文を伝えます

注文のコツと注意点としては、

寿司バー注文のコツと注意点
  • 一度に頼めるのは合計1皿、計3貫まで
  • おかわりは自由、食べ終わったらまた同じ手順で取りに来る
  • 同行者がいれば1人あたり1皿を1度に注文可能(二人なら2皿)
  • 必ずしも書いてあるセット通りではなく、例えばマグロ2、イカ1、卵なしでもOK
  • 何も言わない場合、わさびは入ってくる
  • サビ抜きが良ければ注文の時に伝える必要あり
  • ガリは言わなくとも皿の横に載せてくれる
abi
おかわり自由は嬉しいね。

味の方は、くら寿司などと同じくらいかな。

では、過去に食べたお寿司たちを、写真で紹介します。

マグロ、玉子、穴子のセット 

おかわりはマグロ2貫と穴子。

周りを見ていると、玉子を外してどちらかを2貫にしている人が多い

やっぱり1番人気はマグロのようだ。

マグロとエビの日だったので、マグロ2貫とエビ。

マグロとイカと玉子のセット。

握る職人さんによって、わさびの量が結構変わる

イカ2貫とマグロ。

無料でここまでしてもらえるなんて、こんな世界があったんだな、と思いますね。

靴磨きのサービスで、きれいな革靴で出張に向かう

もう一つの目玉として、このファーストクラスラウンジには靴磨きのサービスがあります。

提供時間が決まっており、7:30〜12:15、15:00〜19:45となっています。

人気のサービスで利用する人も多いので、多少時間にゆとりを持って申し込みましょう。

ジョン・ロブというブランドとのコラボレーションで、非常に丁寧に靴を磨いてもらえます。

皆さん靴を預けて、スリッパに履き替えて、ラウンジ内で食事や休憩をして、終わった頃に引き取りに来る。という流れて利用しています。

磨いてもらっているところを観察していると、とても手際よく、しかし丁寧に磨き上げています。

使っているブラシの種類も数種類、クリームも汚れを落としてから、栄養を入れるクリーム、さらに艶出しのワックスなどを用意しています。

日頃の靴の手入れの際の参考にもなりますので、一見の価値があります。

abi
革靴を磨く時にクリームは少しでいいんです。

多くても皮が吸収しきれないし、乾きづらくなるので、少し取って薄く伸ばすのが良いです。

なんてことも教えてくれるよ。

その他のファーストクラスラウンジの設備など

ダイニングエリアから少し離れたところにも別のビールサーバーがありますが、こっちの銘柄はプレミアム・モルツでした。

複数種類用意するのって、運営する側からしたら効率が良くないでしょうけど、贅沢ですね。

マッサージチェアもあって、旅の前に一旦疲れをもみほぐしていく事ができます。

パソコンまたはパソコン用の電源が用意されているビジネスコーナーも完備しています。

出発前の一仕事がある場合でも、集中して取り組むことができます。

成田のJALファーストクラスラウンジのまとめ

サクララウンジよりもさらに磨きがかかっているラウンジ

喫煙室も完備していて、喫煙者にも優しい

用意されているお酒のラインナップが質量ともに凄い

ノンアルコールシャンパンなど、お酒を飲まない人も楽しめる

おつまみのオススメはドライ納豆

JALカレーはファーストクラスラウンジでも健在

寿司バーで出国前に食べ納め

靴磨きはジョン・ロブとコラボ、さすがのブランド品質

マッサージチェアやビジネスコーナーで、リラックスしたい人も、仕事を追い込みたい人にも役立てる

abi
これだけのラウンジ、世界で見ても他に引けをとらないよ!

利用できる人は、機会を逃さずに体験してみよう!

海外旅行に行く予定の方、現地で使用するWi-fiのレンタル予約はお済みですか? こちらの記事では、海外で簡単に使えて、返却も空港のポストに入れるだけのイモトのWi-Fiを紹介しています。

イモトのWi-Fiをレンタルして、海外旅行中も快適なインターネット環境 | 空港で借りて返す、設定は簡単、携帯電話のローミングより安い

2019年1月17日

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
もし、今回の記事を気に入っていただければ、下の方にあるTwitterのフォローをお願いいたします。
記事にする前の最新情報や、ビジネスに役立つ情報なども呟いています。

The following two tabs change content below.

abi

香港駐在外資系企業超ビジネスマン。 高校中退→フリーター→専門学校、大学卒業→大企業を転々とし、外資系企業に就職→飛行機で世界を飛び回り、マイル貯めまくり。 資格取得は17個、中小企業診断士、AFP等。 旅行と読書でインプット。 MBA筑波大学大学院(GSSM)中退。
スポンサードリンク