CX548(JL7030)便に搭乗した感想は?座席は快適?朝のラウンジ利用と機内食は? | 香港発東京成田行、キャセイパシフィック航空のエコノミークラス搭乗記

スポンサードリンク




こんにちは、abiです。

CX548便(JL7030便)で香港から東京羽田空港までの便を利用しました。

今回の機体はキャセイで最近内装を変更したようで、B777-300ですが、3-4-3の10列シートでした。
特にこのシートについての感想を多めに、この便を利用した際の内容紹介や感想を、搭乗記として記します。

ちなみに、以前にCX520便に乗ったときは、インボラアップグレードで無料でビジネスクラスだったんですよね。
その時の記事はこちら。

CX520便でキャセイのビジネスクラスを体験|はじめてのインボラアップグレード

2018年9月5日
スポンサードリンク




搭乗したCX548便の概要

この日は特にトラブルもなく、予定時刻通りの出発でした。

いつものことではありますが、ゲートを出発してから30分位、離陸までに時間がかかりました。

しかし、順調に飛行ができたようで、到着は予定よりも若干早く着きました

搭乗したCX548便の概要
  • 日付:2018年12月18日
  • 便名:CX548便
  • 出発空港:HKG(香港)
  • 到着空港:HND(東京羽田)

 

  • 機種:B777-300
  • 機体番号:B-KPL
  • 飛行時間:3時間14分
  • 飛行距離:3,102キロ
  • クラスと座席:エコノミークラス/40H(エコノミークラス最前列座席)

 

  • 出発予定時刻:8時55分
  • 出発時刻:8時55分
  • 離陸時刻:9時23分
  • 到着予定時刻:13時45分
  • 到着時刻:13時41分
  • 着陸時刻:13時37分

チェックインについて

今回は朝が早い便のため、空港へはタクシーで向かいました。

香港の街中(尖沙咀)あたりからだと、大体30〜40分位で空港まで到着できます。

タクシー代は、大体300HK$弱(4,500円くらい)です。

私はステータスを保有していますので、空港の出発会のBエリアにあるカウンターで、並ばずにすんなりとチェックインができました。

ステータスについて知りたい方は、下記の記事をどうぞ。

”JGC”(JALグローバルクラブ)の解説|JALおよびワンワールドサファイアの上級会員ステータスを毎年継続、家族会員もステータス付与

2018年10月9日

ステータスのメリットや特典と活用方法 | JALとANAのステータス保有者として実際に体験した、ステータスのメリットや特典と活用方法について

2018年10月9日

ステータスとは | ステータス保有者によるJAL、ANAのステータスの解説、取得方法、使って実感したメリットと特典

2018年10月3日

保安検査と出国審査

空港カウンターでチェックインした後に、保安検査場へ向かいました。

朝の時間帯でしたがそれほど混雑はなく、それでも保安検査から出国審査までを10分くらいで終えることがでいました。

相変わらず流れが良い空港だと思いました。

利用旅客数が多い空港なので、しっかりとインフラが整っていて、うまく流れるようにできているのでしょう。

ラウンジ利用について

今回はキャセイパシフィック航空のファーストクラスラウンジの一つ、The Pier(ザ・ピア)を利用しました。

キャセイパシフィック航空の香港国際空港にあるファーストクラスラウンジ ザ・ピア(The Pier)の紹介 | 充実のレストラン、個室でくつろげるデイスイーツ、マッサージやスパも!

2018年10月23日

このラウンジはレストランメニューが他のラウンジよりも豊富で、さらにカーテンで仕切られた個室のソファーベッドスペースのデイスイーツなどがあるほか、SPAもあります。

この日は朝でしたので、朝食にレストランへ向かいました。

朝食のメニューです。

担々麺やワンタン麺、シャンパンも頼むことができます。

テーブルセットもきれいで、高級感があります。

淹れたてのモーニングコーヒーを1杯。

エッグベネディクトとマフィン。

程よい塩気で美味しいです。

食後のフルーツもお願いしました。

パントリーを覗いてみると、クリスマス仕様になってました。

あまり時間の余裕もなかったので、今回はこの程度の利用でした。

旅の最後の思い出には最適なラウンジの一つです。

もし、ワンワールドのエメラルドステータス(JALのJGCプレミアやダイヤモンドなど)をお持ちの場合は、香港に2つあるキャセイパシフィック航空のファーストクラスラウンジの利用をお勧めします。

もう一つのファーストクラスラウンジ、The Wing(ザ・ウィング)の紹介は以下に記載しています。

香港国際空港のキャセイパシフィック航空ファーストクラスラウンジ The Wingを完全解説

2018年11月10日

世界的にも評価の高いファーストクラスラウンジですので、早めに空港に出向いてでも、訪れる価値があります。

使用機材とシートについて

使用機材はB777-300ですが、元は3-3-3の9列座席だったものを、3-4-3の10列座席にしたもの。
そのため、横が1インチ程度(3センチ弱)狭くなったものです

では、この座席シートについて、感じたメリットとデメリットを挙げます。

新10列座席シートのメリット

シートが新しくて清潔

新しい内装になってキレイです!

キャセイの年季が入った同型のB777-300って、シートも結構痛んでいて、お世辞にも快適なシートとは言えません。
しかし、新しいシートはさすがにキレイです。

あとは、何年このきれいさが保てるかだけですね・・・。

個人用ディスプレイの画質アップ

画面も解像度と明るさが上がったようで、とても見やすかったです。

しかも、新しいディスプレイによくある、横がかなり長いワイド比率のようで、見やすいものになっています。

テーブルにケータイ(またはタブレット)スタンドが付いた

地味ですが、結構使い勝手がいいです。

テーブルの右上に自分で持ち込んだデバイスを立て掛けられる、スタンドが付きました。

普段は裏側に折込まれているので、手で引き起こしてくるタイプです。

ゆえに、経年した時にダルダルになって、スタンドの役目を果たさない恐れもありそうですが・・・。

新10列座席シートのデメリット

やっぱりちょっと横幅が狭い

今回選択したのはエコノミークラス最前列、足元が広い席を選択しました。

今回の新しくなったシートでは、やっぱり思った以上に横が狭いと思いました。
座ってちょうど収まるくらいのサイズでした。

やせ型の人や女性はあまりに気にならないかもしれませんが、標準体系以上の男性だと、ちょっと苦しいかもしれません。

新10列座席シートのまとめ

なんだかんだ言ってますが、3センチ狭いことが気にならなければ、あとはメリットしかありません!

キレイなおかげか、座り心地も良いような気になってきます。

機内食について

続いて、この便で提供された機内食について、紹介します。

全体のイメージはこの写真のとおりです。

朝食メニューについて

この日は朝の便でしたので、機内食も朝食メニューでした。

牛肉のおかゆ(ビーフコンジーと言っていました)か、ソーセージとオムレツ、ポテト添えとのことでした。

中華か洋食かという選択肢のようですので、洋食を選択しました。

ソーセージとオムレツ、ポテトなど

ソーセージはまずまず美味しいです。

オムレツは中にほうれん草が入っていました。

ポテトはじゃがいもの味がしっかり、という感じ。

相対的に悪くなかったです。

パン

最初だけ多少の柔らかさがあるが、冷めてくると石のように固くなる、魔法のパン。

もし食べるなら、冷めないうちに早めをお勧めします。

朝だからか、バターの他にジャムもついてました。

ヨーグルト

パイナップル入りのヨーグルト。

普通に美味しいです。

香港でヨーグルト買うと、高いんですよねー。

カップに入った水

マレーシア産のお水です。
早めに飲むと、冷たくておいしいです。
機内は乾燥しますからね、水分補給も大事です。

フルーツ

中国や香港って、年中スイカがあるイメージです。

スイカ好きには嬉しいです。

コーヒー

機内食セットについている、小さいカップでもらう。
良い意味で普通のコーヒー、インスタントではないことが味からわかる。
机の左上には飲み物を固定する切り込みがあるので、突然の揺れに備えて、そこに置きます。

到着後の入国審査と手荷物受け取り

無事に羽田空港へ到着し、飛行機から降りて、入国審査へ向かいます。

それほど混んでおらず、入国審査も最近は顔認証ゲートで速いです。

荷物の引き取りは、羽田だからかステータス会員が多く、ファーストクラスのタグが付いていても20番目くらいでした。

CX548便の搭乗記 まとめ

香港のラウンジで出発直前まで、香港を堪能

新10列シートはキレイ、画面の画質良い、テーブルも便利

でも横幅は狭い

朝食の機内食はまずまず

フルーツやヨーグルトがいい感じ

 

上記以外にも、キャセイの搭乗記を多く記載していますので、ぜひ御覧ください。

CX542便に搭乗した感想は? | キャセイパシフィック航空で香港から羽田へ CX542便の搭乗記、利用した感想、機内食や座席シートなど

2018年10月24日

CX520便でキャセイのビジネスクラスを体験|はじめてのインボラアップグレード

2018年9月5日

また、JALやANAの搭乗記もありますので、そちらも参考になればと思います。

JL735便に搭乗した感想 | インボラアップグレードによるビジネスクラス搭乗記|チェックインカウンターでもしもし、機内食は和食

2018年8月21日

NH811便の搭乗記 | ANA便で行く東京成田-香港の便、ラウンジはどう?機内食は選べる?

2018年8月15日

JL26便の搭乗記 | プレミアムエコノミーシートは快適?香港のラウンジとインタウンチェックイン、機内食は?

2018年7月30日

ラウンジについては香港で利用できるキャセイのビジネスクラスラウンジのほか、各地にあるキャセイラウンジのまとめ記事もあります。

香港国際空港のキャセイラウンジThe Wing(ザ・ウィング)ビジネスクラスラウンジを紹介 | 名物のヌードルバー、その他ミールも充実の内容、人は多めで混雑度高

2018年12月1日

アジア各国のキャセイパシフィック航空ラウンジ特集 | 香港、シンガポール、フィリピン、中国、台湾、日本など各地のキャセイラウンジの紹介

2018年11月11日

香港国際空港のキャセイラウンジ「The Deck(ザ・デッキ)」の紹介 | 名物のヌードルバー、シャンパンなど充実の内容

2018年11月4日

比較用に香港で利用できる、スターアライアンスの3つのラウンジはこちらの記事に。

香港国際空港のユナイテッド航空ラウンジ ユナイテッドグラブの利用記 | オーソドックスな洋食、illyのコーヒーとペリエ、赤白ワインは複数提供

2018年11月30日

香港国際空港のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジの利用記 | タイカレーとポメロサラダ、レタス肉巻きのタイ飯、カラフルな内装

2018年11月30日

香港国際空港のシンガポール航空シルバークリスラウンジの利用記 | ラクサはオーダー式、混雑が厳しい、良いラウンジだけど落ち着けない

2018年11月30日

 

海外旅行に行く予定の方、現地で使用するWi-fiのレンタル予約はお済みですか? こちらの記事では、海外で簡単に使えて、返却も空港のポストに入れるだけのイモトのWi-Fiを紹介しています。

イモトのWi-Fiをレンタルして、海外旅行中も快適なインターネット環境 | 空港で借りて返す、設定は簡単、携帯電話のローミングより安い

2019年1月17日

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
もし、今回の記事を気に入っていただければ、下の方にあるTwitterのフォローをお願いいたします。
記事にする前の最新情報や、ビジネスに役立つ情報なども呟いています。

The following two tabs change content below.

abi

香港駐在外資系企業超ビジネスマン。 高校中退→フリーター→専門学校、大学卒業→大企業を転々とし、外資系企業に就職→飛行機で世界を飛び回り、マイル貯めまくり。 資格取得は17個、中小企業診断士、AFP等。 旅行と読書でインプット。 MBA筑波大学大学院(GSSM)中退。
スポンサードリンク