マイルの使い道 | おすすめのオトクな使い方、航空券引き換え、主な交換先、マイルの価値を最大化する活用方法とは

スポンサードリンク




上司
出張の飛行機利用、毎月のクレジットカード利用、ポイントサイトも使ってマイルが貯まって来たぞ。

そろそろマイルを使ってみようと思うけど、どうやって使うのがいいかな?

世の中にはこんな上司がたくさんいそうだと思うのは、僕だけでしょうか?(笑)

こんにちは、abiです。

今回は、以下のような方に向けて記事を書きました。

マイルにどんな使い道があるか知りたい

どんなマイルの使い方がおすすめ、お得かを知りたい

航空券以外のマイルの使い道を知りたい

せっかく貯めたマイルですから、お得に使いたいですよね!

どんなおすすめの使い方、お得な使い道があるのかを、順を追って紹介します。

これさえ読めば、あなたも上司にお得なマイルの使い方を説明することができるようになりますよ!

スポンサードリンク




マイルの使い道について、主に3つの使い道

まず、主なマイルの使い道としては、以下の3つが挙げられます。

主なマイルの使い道
  1. 航空券に換える
  2. 電子マネーやポイントに換える
  3. ギフト・商品に換える
abi
結論から言えば、航空券に換えるのが最もお得。

でも、必ずしも皆が飛行機に乗りたいわけじゃないよね。

それぞれ、3つのマイルの使い道について紹介します。

航空券に換えてマイルを使う=最もお得な使い道

マイルの使い方として最も有名であり、かつ、最もお得な使い道になるのは、航空券に換えてマイルを使うことです。

なぜこれが一番お得かというと、航空券の価格を引き換えるマイル数で計算すると、1マイルあたりの価値が2円以上、場合によっては1マイルあたり5円や10円の価値を持つからです。

つまり、1マイルあたりの価値を最大化できるのが、航空券への引き換えです。

具体的に、例を挙げながら、どのくらいのマイル数でどんな航空券へ引き換えができるのかを紹介します。

マイルを利用して国内線航空券に引き換える場合

  • ANAの場合

東京ー新千歳、普通席:片道7,500マイル、往復15,000マイル
※レギュラーシーズンの場合のマイル数
※ハイシーズンは片道+1,500マイル、ローシーズンは片道ー1,500マイル。往復は2倍。

東京ー沖縄、普通席:片道9,000マイル、往復18,000マイル
※レギュラーシーズンの場合のマイル数
※ハイシーズンは片道+1,500マイル、ローシーズンは片道ー2,000マイル。往復は2倍。

  • JALの場合
東京ー新千歳、普通席:片道7,500マイル、往復15,000マイル
東京ー沖縄、普通席:片道7,500マイル、往復15,000マイル
※ディスカウントマイル期間は片道6,000マイル、往復12,000マイル
※JALカード割引は特定期間のみ往復11,500マイル

ANAの場合はマイル距離でゾーン分けしており、JALはA〜C区間に分けているものの、東京から新千歳と沖縄行きはいずれもB区間のため、同じマイル数になってます。

しかし、ANAの場合、東京ー沖縄の往復ローシーズンは14,000マイルで、JALの往復15,000マイルよりも少ないマイルで航空券に引き換えることができます。

マイルを利用して国際線の航空券に引き換える場合

  • ANAの場合

東京ーニューヨーク、エコノミークラス:往復50,000マイル
※レギュラーシーズンの場合
※ローシーズンはー10,000マイル、ハイシーズンは+5,000マイル
※往復の利用のみ可能

東京ー香港、エコノミークラス:往復20,000マイル
※レギュラーシーズンの場合
※ローシーズンはー3,000マイル、ハイシーズンは+3,000マイル
※往復の利用のみ可能

  • JALの場合

東京ーニューヨーク、エコノミークラス:片道25,000マイル、往復50,000マイル
※ディスカウントマイル期間は片道20,000マイル、往復40,000マイル
※JALカード割引は特定期間のみ往復39,000マイル

東京ー香港、エコノミークラス:片道10,000マイル、往復20,000マイル
※ディスカウントマイル期間は片道9,000マイル、往復18,000マイル
※JALカード割引は特定期間のみ往復17,000マイル

JALの場合は片道での発券ができますが、ANAは国際線のマイル引き換え航空券の場合は、往復のみ利用可能です。

マイルを航空券に引き換える場合の1マイルあたりの価値

マイルを航空券に換えた場合の貨幣価値換算について、実際に上記の航空券をマイル引き換えではなく、購入した場合にいくら支払うのかを調べ、そこから1マイルあたりの価値を考えてみます。

  • ANAの場合

1ヶ月後に東京から沖縄へ普通席で行く場合:

往復運賃34,790円☓2=69,580円
割引運賃(旅割)21,590円+20,990円=42,580円
マイルで往復予約した場合:18,000マイル

1マイルあたりの価値=2.36円〜3.86円

1ヶ月後に東京から香港にエコノミークラスで行く場合:

予約クラスS:34,000円
予約クラスV:53,500円
マイルで往復予約した場合:20,000マイル
※航空券代のみ、各種税金やサーチャージは含まない

1マイルあたりの価値=1.70円〜2.68円

  • JALの場合

1ヶ月後に東京から沖縄へ普通席で行く場合:

往復運賃41,490円☓2=82,980円
割引運賃(特便割引)17,690円+14,890円=32,580円
マイルで往復予約した場合:18,000マイル

1マイルあたりの価値=1.81円〜4.61円

1ヶ月後に東京から香港にエコノミークラスで行く場合:

予約クラスS:44,000円
予約クラスV:56,000円
マイルで往復予約した場合:20,000マイル
※航空券代のみ、各種税金やサーチャージは含まない

1マイルあたりの価値=2.2円〜2.8円

マイルを航空券に引き換える場合の注意点

いくつか注意点がありますので、記載します。

  • 国内線、国際線ともに空き状況によってはマイルで引き換えできない
  • 特に繁忙期は予約開始とともに、すぐにマイルでの交換枠が埋まる
  • ANAは国際線の場合は片道のみの利用はできない
  • ANA、JALともに国際線の航空券は各種税金や燃油サーチャージが別途発生する

自分が予約したい日程で必ず予約できるかどうか、確約がないのがマイルでの航空券です。

通常販売している航空券とは違い、マイルでの引き換えは一定の座席数しか用意されていないので、それが埋まるとキャンセル待ちになってしまい、キャンセルが出なければマイルで引き換えることができません。

いつでも好きな時に引き換えられる訳ではないことを留意しましょう。

もっと1マイルあたりの価値が高くなる利用方法

なお、1マイルの価値がもっと高くなる使用方法は、マイルをビジネスクラスやファーストクラスの航空券に換えて使用する場合です。

ここではまず、エコノミークラスで1マイルの価値を考えてみましたが、参考までに僕が12月に予約したフランクフルト行きのビジネスクラス往復85,000マイルについて見てみました。

同じ便を普通に予約した場合、航空券代は往復500,000円でしたので、計算すると1マイルあたり5.88円になります。

ANAやJAL以外の航空会社の航空券への引き換え

上記で紹介したのはANAとJALの航空券への引き換えについてでしたが、この2社のマイルを使って、別の航空会社の航空券にも引き換えが可能です。

具体的にはANAの場合はスターアライアンスという航空アライアンスに加盟している航空会社の航空券に、JALの場合はワン・ワールドという航空アライアンスに加盟している会社の航空券に、それぞれ引き換えが可能です。

引き換えに必要なマイル数が有利になることはありませんが、行きたい日程と行き先でANAやJALに空席がなくても、アライアンス加盟会社には空席があるという場合もありますので、マイルを有効に活用するための手段の一つです。

座席のアップグレードへの引き換え

さらに、航空券に引き換えるのではなく、既に保有している航空券の座席クラスをアップグレードするためにマイルを使うことができます。

注意点としては、アップグレード対象の運賃であることが前提となっており、最も安い運賃で予約している場合はアップグレードできないことがあります。

また、既にアップグレードをしたい座席クラスが満席だった場合は、運賃クラスにかかわらずアップグレード不可となります。

上司

今度、ヨーロッパ出張で国際線を利用するんだが、長時間のエコノミークラスは体力的に辛い

というような場合に、マイルでアップグレードしてビジネスクラスに乗ることもできます。

元々のチケットがビジネスクラスの場合、夢のファーストクラスへのアップグレードもできます!

  • 東京発ヨーロッパ行き

エコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレードの場合

ANA=28,000マイル
JAL=33,000マイル
※JALは当日空港申込ディスカウントの場合は28,000マイル

ビジネスクラスからファーストクラスへのアップグレードの場合

ANA=45,000マイル
JAL=48,000マイル
※JALは当日空港申込ディスカウントの場合は43,000マイル

まともに買えば100万円以上の航空券費用のファーストクラスに、マイルを使って乗れる可能性があるなんて、とても夢がある話ですね。

電子マネーやポイントに換えてマイルを使う=1マイル1円に換金と同等の意味

航空券への引き換えが最もお得と紹介しましたが、人によっては飛行機に乗る以外の使い道を求めることもあります。

例えば、

上司
出張でいつも移動ばかりしているから、飛行機は乗りたくない。

何か他の使い道を知りたい。

という方も少なくないでしょう。

そんな時におすすめするのが、電子マネーやポイントへの交換です。

電子マネーやポイントへの交換をおすすめする理由は、

電子マネーやポイントへの交換をおすすめする理由
  • 1マイルあたり1円の価値が確保できる
  • 汎用性の高い電子マネーに交換できる
  • つまり、1マイルあたり1円で、なんでも買える

1マイル1円以上の価値が確保でき、使う場所を選ばないという理由で電子マネーをおすすめしますが、具体的にどのような電子マネーに交換できるかを、次に紹介します。

JALマイルを電子マネーに引き換える

まず、JALのマイルで交換できる電子マネーは一例として以下のものです。

JALのマイルで交換できる電子マネーやポイント(代表的な例)
  • WAON
  • amazonギフト券
  • ファミリーマート特典(プリカ)
  • Ponta

この中で一番のおすすめは、2019年3月31日までのキャンペーンで、10,000マイルを11,000円分に交換できるWAONです。

1マイルあたりの価値は1.1円であり、航空券と比較すると見落としはしますが、それでも平均的な1マイル1円の電子マネーやポイントに比べると、10%の価値増加を得ることができます。

本が一冊買える、お昼ご飯1回分と考えると、10,000円分につき1,000円の違いって、結構大きいですよね。

ANAマイルを電子マネーに引き換える

続いて、ANAのマイルで交換できる電子マネーやポイントの例を紹介します。

ANAのマイルで交換できる電子マネーやポイント(代表的な例)
  • Edy
  • 楽天ポイント
  • ID(ANA VISAまたはMasterカード会員限定)
  • nanaco
  • Tポイント

なお、ANAマイルから交換できる電子マネーは10,000マイルで10,000円分と、どの電子マネーやポイントでも条件は同じなので、価値的にはどれがお得ということはありません。

しかし、選択肢が多いので、ご自分の使いやすい電子マネーを選択することができるのが魅力です。

セブンイレブンをよく使う人はnanaco、楽天ポイントを使える店が近くに多い方は楽天ポイントに、などの交換がおすすめです。

マイルを電子マネーに引き換える際の注意点

マイルを電子マネーに引き換える場合には、以下のことに気をつけましょう、

最低交換マイル数

交換する電子マネーによっては、最低交換マイル数が10,000マイルから、となっているのが基本です。

JALの場合は、Pontaは2,000マイルから引き換えが可能ですので、少ないマイルしかなくても、電子マネーに換えることができます。

ANAの場合は10,000マイル以上でなければ電子マネーに換えられないため、それに満たないマイルを使いたい場合は、以下で紹介するギフトやショッピングで利用するのがおすすめです。

年間交換マイル数条件

電子マネーやポイントによっては、年間の交換上限マイル数が設定されている場合があります。

これを超えて換えることができなかったり、換える場合の返還率が半分になったりという制限がありますので、多くのマイルを電子マネーやポイントに換える場合は注意が必要です。

マイルをギフトや商品に換えて使う=1マイルあたり1円でギフト商品をもらえる

何か欲しい商品が合った場合は、マイルをギフトや商品に変えることもできます。

JALもANAも同様に、ギフトや商品との引き換えを用意しています。

市販されているようなものだと定価=マイル数となっているため、あまりお得とは思えません。

というのも、街中ではあらゆるものが定価ではなく、割引で販売されていることも多いので、1マイル=1円以下となってしまい、ちょっと損をしたような気分になります。

もしギフトや商品に変えるならば、普段買えないような限定品などだと、お得ですね。

1マイルあたりの価値を考えた際の、お得な交換方法

マイルの有効期限と最低交換数

マイルには有効期限があります。

JAL、ANAどちらも3年間が有効期限になっています。

貯めることだけに夢中になって、いざ使おうとしたら有効期限が切れてマイルが失効した、となれば本末転倒ですので、有効期限には注意しましょう。

まとめ

  • 航空券への引き換えが最もマイルの価値を高める使用方法
  • エコノミークラスよりもビジネスクラスやファーストクラスのほうが、価値は高くなる
  • 航空券の日程は、通常販売されているよりも希望通りには取りづらいことに留意する
  • 航空券だけでなく、座席クラスのアップグレードにも使用できる
  • 電子マネーやギフトにも交換できる
  • マイルの有効期限は3年間なので、失効に気をつける

 

海外旅行に行く予定の方、現地で使用するWi-fiのレンタル予約はお済みですか? こちらの記事では、海外で簡単に使えて、返却も空港のポストに入れるだけのイモトのWi-Fiを紹介しています。

イモトのWi-Fiをレンタルして、海外旅行中も快適なインターネット環境 | 空港で借りて返す、設定は簡単、携帯電話のローミングより安い

2019年1月17日

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
もし、今回の記事を気に入っていただければ、下の方にあるTwitterのフォローをお願いいたします。
記事にする前の最新情報や、ビジネスに役立つ情報なども呟いています。

The following two tabs change content below.

abi

香港駐在外資系企業超ビジネスマン。 高校中退→フリーター→専門学校、大学卒業→大企業を転々とし、外資系企業に就職→飛行機で世界を飛び回り、マイル貯めまくり。 資格取得は17個、中小企業診断士、AFP等。 旅行と読書でインプット。 MBA筑波大学大学院(GSSM)中退。
スポンサードリンク