JAL、ANA、キャセイのマイルを使用して特典航空券で香港の旅|実際にどの会社がマイルで航空券を取りやすい?

スポンサードリンク




皆さんマイルはお貯めになってますか?

貯めている方は、マイルを何に使いますか?

一番オトクだと言われているのが特典航空券、いわゆるマイルで航空券を引き換えるというものです。

今回は香港と東京の便で、この特典航空券が実際にどの程度確保できる状況なのかを検証しました。

スポンサードリンク




東京−香港間の特典航空券のための必要マイル数について

JAL、ANA、キャセイともにそれぞれのマイレージプログラムによって、20,000マイルからエコノミークラスの往復チケットへ引換することが出来ます。

クレジットカードで一般的な条件として、1マイル100円で貯めた場合、20,000マイル=200万円分の買い物に相当しますので、結構貯めなければならないですね。

なお、今回検証した各社のマイレージプログラムと、マイル数の前提条件は以下の通りです。

JAL:JALマイレージバンク、香港と東京の往復はエコノミークラスで20,000マイル

ANA:ANAマイレージクラブ、香港と東京の往復はエコノミークラスで20,000マイル

キャセイ:アジアマイル、香港と東京の往復はエコノミークラスで20,000マイル〜

この3つのマイルを香港で貯める方法は、以下のクレジットカード紹介で取り上げましたので、ご覧ください。

香港のクレジットカードでマイルを貯める | JAL・ANA・キャセイのマイルを香港のカードで貯める方法

2018年8月7日

先に結論から書きます。

東京発香港行き特典航空券をJAL、ANA、キャセイで検索した結果

JAL
話になりません。全部空席待ち。

ANA
いつでも取れるってわけじゃないけど、まぁ取れそう
国内乗継も含めて、取らせてくれようとしている気概を感じる。

キャセイ:
まぁ、取れると言えば取れる
でもマイル数20,000じゃ無理。
出てきたのはすべて最低30,000マイルから
もっとたくさんマイルがあるなら、糸目をつけずにとれるかも。

東京発香港行きの場合の特典航空券を探してみた詳細

1.一週間後の週末の場合

たとえばですが、今日は2018年8月24日(金)ですので、8月31日(金)に東京発香港行き、9月2日(日)に香港発東京行きという、2泊3日の旅程で検索してみました。

・ANAの場合

行きは午前の便ですが、確保可能でした。

NH821便で羽田0:55発、香港4:30着

NH859便で羽田8:50発、香港12:25着

NH809便で成田10:00発、香港13:40着

という3つの選択肢があります。

午後のNH811便成田18:35発、香港22:15着という便や、大阪からの乗継便は空席待ちでした。

帰りはNH812便で香港9:40発、成田15:10着という便が確保できます。

それ以外の便は、大阪乗継も含めて、すべて空席待ちでした。

・JALの場合

対象となる便は2つあります。

1つはJL029便で、羽田10:00発、香港13:45着という便です。

もう一つはJL735便で、成田18:10発、香港22:00着という便です。

行き帰りともに満席で、キャンセル待ちも不可でした。

・キャセイパシフィック航空の場合

行きがCX523便で成田10:00発、香港15:45着という台北経由便が確保可能。

帰りがCX450便で香港10:00発、成田17:20着というこちらも台北経由便が確保可能。

ただし、必要マイル数は30,000マイルと、10,000マイルほど多くなっていることに留意が必要です。

2.1か月後の週末の場合

先ほど同様に10月5日(金)東京発香港行き、10月7日(日)香港発東京行きを検索しました。
※10月1日〜3日は香港の祝日のため、あえて外しました

・ANAの場合

行き帰りともに全便空席待ちでした。

・JALの場合

行き帰りともに全便空席待ちでした。

・キャセイの場合

行き帰りともに全便空席待ちでした。

3.1か月+1週間後の週末の場合

先ほどの1か月の場合が日本の祝日に重なっていたので、プラス1週間して再度検索しました。

10月12日(金)東京発香港行き、10月14日(日)香港発東京行きで検索します。

・ANAの場合

行きはNH811便のみ確保可能。

成田18:35発、香港22:15着の便です。

帰りはNH874便で大阪に行き、翌日に大阪から東京へ移動する便なら確保可能。

香港15:20発、大阪20:05着の便です。

空いていれば当日中に東京に帰宅できたのでしょうが、この選択肢の中にはそれが含まれておらず、空席待ちにも出ていませんでした。

・JALの場合

行き帰りともに全便空席待ちでした。

・キャセイの場合

エコノミークラスでは空席待ちでした。

ビジネスクラスの場合、いくつかの便で確保が可能でした。

しかし、必要マイル数は50,000マイルとなります。

4.2か月後の週末の場合

11月9日(金)東京発香港行き、11月11日(日)香港発東京行きで検索しました。

・ANAの場合

行きはNH811便の確保可能。

成田18:35発、香港22:15着の便です。

それ以外に、成田または羽田から中部に移動し、そこで一泊してNH875便で中部から香港に行くプランも確保可能です。

その場合、中部9:40発、香港13:30着です。

帰りはNH812便で香港9:40発、成田15:10着という便が確保できます。

それ以外の便は、中部乗継で確保が可能です。

NH876便で香港14:30発、中部19:10着ですが、東京までの戻りは翌日となり中部一泊の旅程になります。

・JALの場合

行き帰りともに全便空席待ちでした。

・キャセイの場合

必要マイル数30,000で確保可能でした。

行きはCX451便で確保可能です。

成田15:15発、香港21:40着の便です。

いくつか便が出ましたが、台湾での乗り継ぎ時間の違いのみでした。

帰りはCX526とCX520が確保可能です。

どちらも直行便で、CX526便は香港8:10発、成田13:10着です。

CX520便は香港10:15発、成田15:20着です。

ちなみに、香港にお住まいの方向けの情報として、逆区間(香港−東京)で見た場合はどうなるのかを検索してみました。

これも先に結論から書きます。

香港発東京行き特典航空券をJAL、ANA、キャセイで検索した結果

JAL:
さっきの東京発よりはいくらかましだけど、使えるレベルには全くない

ANA:
東京発よりは多少とりづらいけど、全くダメではない

もしかしたら早めに予約すれば結構使いやすいかも

キャセイ:
取れなくはないけど、かなりマイル数的に厳しい
やはり香港のフラッグシップキャリアだから、香港発の週末は人気なのか厳しい。

東京発香港行きの場合の特典航空券を探してみた詳細

1.一週間後の週末の場合

たとえばですが、今日は2018年8月24日(金)ですので、8月31日(金)に東京発香港行き、9月2日(日)に香港発東京行きという、2泊3日の旅程で検索してみました。

・ANAの場合

行きはNH860便で、香港14:45発、羽田20:00着の確保可能。

帰りはすべての便で空席待ちでした。

・JALの場合

対象となる便は、先ほどの東京発香港行きと同じく、2つあります。

行きの香港発はJL736便で香港10:40発、成田16:05着というもの、JL026便という香港15:15発、羽田20:25着というものを選択できます。

この日の香港発東京行きは2便とも確保可能でした。

しかし、帰りの東京発香港行きの便が満席で、キャンセル待ちすら、できませんでした。

・キャセイ航空の場合

合計で55,000マイルで確保が可能でした。

行きはCX450便で香港10:00発、台湾を経由して成田17:20着という便と、CX474からCX450に乗継する便(発着時間は全く同じ)が選択可能です。

必要マイル数は15,000です。

帰りはビジネスクラスで40,000マイルで確保可能でした。

KA397便という羽田6:35発、香港10:20着または、CX523便成田10:00発、台湾経由で香港15:45着というものがありました。

2.1か月後の週末の場合

先ほど同様に10月5日(金)東京発香港行き、10月7日(日)香港発東京行きを検索しました。
※10月1日〜3日は香港の祝日のため、あえて外しました

・ANAの場合

行きはNH812便で香港9:40発、成田15:10着の確保ができます。

他にも、名古屋乗継で翌日までかかりますが、もう1便選択肢が出ました。

しかし、帰りが乗継も含めて全便空席待ちでした。

・JALの場合

この日の香港発東京行きは2便とも確保可能でした。

しかし、帰りの東京発香港行きの便が満席で、キャンセル待ちでした。

・キャセイの場合

マイル利用不可でした。

空席待ちすらできないようです。

3.1か月+1週間後の週末の場合

先ほどの1か月の場合が日本の祝日に重なっていたので、プラス1週間して再度検索しました。

10月12日(金)東京発香港行き、10月14日(日)香港発東京行きで検索します。

・ANAの場合

行きはNH812便で香港9:40発、成田15:10着の確保ができます。

他にも、名古屋乗継で翌日までかかりますが、もう1便選択肢が出ました。

しかし、帰りが乗継も含めて全便空席待ちでした。

この前の週と同じですね。

・JALの場合

往復共にキャンセル待ちでした。

・キャセイの場合

ビジネスなら往復57,000マイルで確保できました。

行きはCX522便で香港13:15発、台湾経由、成田に20:35着です。

帰りはKA397便で、羽田6:35発、香港10:20着です。

まぁ、取れるは取れたけど・・・って感じでしょうか。

4.2か月後の週末の場合

11月9日(金)東京発香港行き、11月11日(日)香港発東京行きで検索しました。

・ANAの場合

行きはNH812便で香港10:00発、成田15:10着が確保可能です。

帰りはNH811便で成田18:25発、香港22:40着が確保可能です。

それ以外に、帰りは翌日着になりますが、中部乗換も2つ選択肢が出ました。

・JALの場合

往復共にキャンセル待ちでした。

・キャセイの場合

いくつかのマイル数のプランで検索しましたが、空席待ちでした。

なお、番外編として、便の検索をした各社HPの特典航空券検索の操作具合について評価します。

各社HPの特典航空券検索の操作具合

・ANA

3社の中では一番使いやすい。

動作も軽く、ロード時間も一番短い。

便の選択画面、前後日の検索等も含めて、使いやすい。

・JAL

まず、以前に比べれば改善されてものの、相変わらず遅い

ユーザーにとって親切な導線になってない印象もあり、作った人は自分で使ったことあるのか疑問。

出発地および目的地のエリア選択とかも全く手数の無駄で、ダイレクトに入力したい。

・キャセイ

使いやすくはないけど、最低限

必要マイル数を変えて再度便の選択をするのに画面を戻るのが、結構手間。

往復確保できないなら、先にその旨画面表示してくれればいいのに。

最終的な結論

別にどこかを褒めたり貶したりしたくないけど、香港にマイル使ってと考えるならば、客観的にANA一択ですかね。

理想を言えば、片道で発券できれば、片道はLCCで我慢したり、別の方法考えたりもできるかもしれませんね。

JALはマイル特典航空券座席数も、HPの使い方も、もう少し頑張って欲しいです!

海外旅行に行く予定の方、現地で使用するWi-fiのレンタル予約はお済みですか? こちらの記事では、海外で簡単に使えて、返却も空港のポストに入れるだけのイモトのWi-Fiを紹介しています。

イモトのWi-Fiをレンタルして、海外旅行中も快適なインターネット環境 | 空港で借りて返す、設定は簡単、携帯電話のローミングより安い

2019年1月17日

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
もし、今回の記事を気に入っていただければ、下の方にあるTwitterのフォローをお願いいたします。
記事にする前の最新情報や、ビジネスに役立つ情報なども呟いています。

The following two tabs change content below.

abi

香港駐在外資系企業超ビジネスマン。 高校中退→フリーター→専門学校、大学卒業→大企業を転々とし、外資系企業に就職→飛行機で世界を飛び回り、マイル貯めまくり。 資格取得は17個、中小企業診断士、AFP等。 旅行と読書でインプット。 MBA筑波大学大学院(GSSM)中退。
スポンサードリンク