JALマイレージバンク(JMB)、ANAマイレージクラブ(AMC)の解説 | マイルを貯めるための入会、会員登録、マイルを貯めるための第一歩

スポンサードリンク




新人

マイル貯めたいけど、何から始めたらいいんですか?

飛行機乗ることが決まったけど、どうやってマイル貯めるんですか?

そんな問いかけに答えが欲しい人はいませんか?

こんにちは、abiです。

今回は下記の方々への記事を書きました。

  • マイルをこれから貯める方
  • まだマイルを貯めたことがない方
  • JALやANAのマイルを貯める準備をしたい方

マイルを貯める前に、マイルの概要については下記の記事で紹介しましたので、マイルが何かよくわからないという方は、先にご覧ください。

マイルとは?現役マイラーによるマイルの徹底解説 | マイルって何?、貯め方、使い道など

今回は、マイルについて理解をした上で、実際にマイルを貯めるために、航空会社への会員登録などについて記載します。

スポンサードリンク




航空会社への会員登録でマイルを貯める準備をする

どの航空会社でも同じですが、マイルを貯めるためにはまず、会員登録を行います。

代表的な航空会社の会員制度を一例として挙げます。

  • 日系航空会社

JAL(日本航空):JALマイレージバンク

ANA(全日本空輸):ANAマイレージクラブ

  • 海外航空会社

ユナイテッド航空:マイレージプラス

キャセイパシフィック航空:マルコ・ポーロクラブ

デルタ航空:デルタスカイマイル

いずれの航空会社もマイルを貯めるための会員登録や年会費は無料です。

そして、マイルを貯めるまでのおおまかな流れは以下になります。

マイルを貯めるまでの流れ
  1. マイルを貯める航空会社へ会員登録する
  2. 航空会社から会員番号を受け取る
  3. その会員番号を登録、利用して、マイルを貯める
    (先にメール等で会員番号を受領、会員カードは後日郵送で届く)

会員番号は登録完了後、メールなどですぐに届きますので、マイルを貯めたいと思ったら、郵送での会員カード到着を待たずに、すぐ始めることができます。

abi

まずはJALかANAのどちらかで貯めるのがおすすめ。

やや上級者向けだけど、用途や各種条件が合えば、海外の航空会社もうまく利用できるよ!

 

JALマイレージバンクへの登録を行い、JALマイルを貯めるための準備をする

JALのマイルを貯めるためには、JALマイレージバンク(略称:JMB)というJALが展開する会員制度へ登録する必要があります。

登録自体は難しいものではなく、HPから申し込みのために必要情報を入力、確認画面を経て、会員登録が完了します。

登録が完了すればすぐにJALのHPからJALマイレージバンクにログインすることができますので、会員番号を登録した上での航空券の予約もすぐに行うことができます。

なお、JALマイレージバンクへの登録は、大まかに分ければ、

  1. 無料の会員登録を行い、WAON付きの会員カードがもらえる
  2. JALカードのクレジットカードを申し込む

という、2種類に分けることができます。

JALに乗る機会が多くない見込みの方や、あまりたくさんマイルを貯めることができないかもしれないという不安がある方は、無料会員登録をしてWAON付きの会員カードをもらう方を選択しましょう。

JALマイレージバンクへの登録申込、新規入会ページはこちらから

JALカードはJALマイルを貯めるには優れており、航空券購入や搭乗マイルボーナス、免税店での割引、旅行保険などメリットが有るカードですが、年会費がかかりますので、それなりに利用する見込みがなければ、年会費の元を取れずに損をしてしまうかもしれません。

じっくりとマイルについて知った上で、年会費を上回るメリットを受けられると判断してから、JALカードを申し込んでも遅くないと思います。

abi

多少の損得には目をつぶり、マイラーとしての決意表明代わりに、とりあえず航空会社のクレジットカードを作る!っていうのもありだよ!

ANAマイレージクラブへの登録を行い、ANAマイルを貯めるための準備をする

先に紹介したJALと同じく、ANAにも同様の会員制度があり、ANAマイレージクラブ(略称:AMC)という名称で運用されています。

やはり同じようにANAもいくつかの会員登録の方法がありますが、主に下記のいずれかの方法で登録をします。

  1. 無料の会員登録を行い、会員カードを受け取る
  2. ANAカードのクレジットカードを申し込む

先にJALで書いたのと同じように、まずは無料会員登録をして会員カードをもらう方を選択するのが無難ではあります。

ちなみに、2017年7月まではEdy付きのプラスチック製会員カードだったのですが、現在は電子マネー機能がない、再生PET製のカードになっています。

クレジットカードについてもJALと同じように、ANAの飛行機の利用がある程度見込まれていたり、クレジットカードの決済を多くする方であれば、年会費を払っても元が取れる計算が立ちます。

しかし、最初からJALカードとANAカードの両方を持つことは、マイルを貯める際に分散が起こる可能性が高く、この2社の飛行機をどちらもよく利用するという人以外にはおすすめできません。

これからマイラーとしてデビューする方が航空会社のクレジットカードを作るのであれば、まずはどちらか一方にすることをおすすめします。

ANAマイレージクラブへの登録申込、新規入会ページはこちらから

(参考)海外の航空会社のマイルを貯める場合の会員登録

海外の航空会社でも、基本的にはJALやANAと同じで、会員登録を無料で行なえます。

海外のエアラインで日本人に人気があるものをいくつか、以下に例を挙げます。

  • デルタ航空のデルタスカイマイル
    →クレジットカードを作って、初年度は上級会員のステータスがもらえる
  • ユナイテッド航空のマイレージプラス
    →クレジットカードでマイルを貯めて、ANAの国内線航空券がお得に引き換えられる
  • キャセイパシフィック航空のマルコ・ポーロクラブ
    香港在住者や、香港乗継便で同社を利用する人向け

マイルを貯めたり、飛行機を利用する上でメリットがある場合は、海外の航空会社の会員制度を利用することも有効です。

家族のマイル会員登録も無料、ただしマイルの合算には航空会社のクレジットカードが必要

飛行機に乗る機会を考えると、仕事以外だと家族旅行が思い浮かぶのではないでしょうか。

家族の方も会員登録をしてマイルを貯めることができますで、家族旅行がある方は忘れずに、家族の方の会員登録を行いましょう。

年齢制限もなく、子供も登録ができますので、せっかくですので登録をおすすめします。

ひとつだけ注意点として、マイルを合算して航空券や各種特典と引き換えることはできるのですが、条件としてJALおよびANAどちらの航空会社とも、JALカードまたはANAカードの会員であることが条件になっています。

家族で飛行機に乗る機会が多く、マイルを家族の分で合算して使いたい、という方は航空会社のクレジットカードを持つことを前向きに検討してはいかがでしょうか。

会員登録前に乗った分のマイルは貯められる?事後登録について

新人

会員登録をする前に飛行機に乗ったのですが、その分のマイルは付けてもらえますか?

という疑問をお持ちの方、ご安心ください。

マイルの事後登録制度も用意されているので、申請することでマイルを後から貯めることができます。

ANA、JALともに搭乗から6ヶ月間は事後登録が可能です。

JMB、AMCの解説まとめ

まずは、無料会員登録を行いましょう。

飛行機の利用で貯めることを想定する場合は、よく利用する航空会社の会員登録だけでなく、その航空会社のクレジットカードの保有も検討しましょう。

家族がいる方は、家族の方も会員登録をしましょう。

そして、登録前に飛行機に乗った方、乗ったのが半年以内だったら、すぐに事後登録をしてその分のマイルを貯めましょう!

海外旅行に行く予定の方、現地で使用するWi-fiのレンタル予約はお済みですか? こちらの記事では、海外で簡単に使えて、返却も空港のポストに入れるだけのイモトのWi-Fiを紹介しています。

イモトのWi-Fiをレンタルして、海外旅行中も快適なインターネット環境 | 空港で借りて返す、設定は簡単、携帯電話のローミングより安い

2019年1月17日

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
もし、今回の記事を気に入っていただければ、下の方にあるTwitterのフォローをお願いいたします。
記事にする前の最新情報や、ビジネスに役立つ情報なども呟いています。

The following two tabs change content below.

abi

香港駐在外資系企業超ビジネスマン。 高校中退→フリーター→専門学校、大学卒業→大企業を転々とし、外資系企業に就職→飛行機で世界を飛び回り、マイル貯めまくり。 資格取得は17個、中小企業診断士、AFP等。 旅行と読書でインプット。 MBA筑波大学大学院(GSSM)中退。
スポンサードリンク